2017年12月31日

今後の更新予定(変更の場合もあります)

〜Japanese Music Award〜
2016 Best Album 30→1月7日更新
2016 Best Track 100→1月12日更新
2016 Best Artist 50→1月16日更新


2017 上半期を振り返る→7月8日更新

〜アルバムレビュー〜
・1月発売分
Little Glee Monster『Joyful Monster』
ONE OK ROCK『Ambitions』
BLUE ENCOUNT『THE END』
Mrs.GREEN APPLE『Mrs.GREEN APPLE』
チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』
Suchmos『THE KIDS』
パスピエ『&DNA』
ぼくのりりっくのぼうよみ『Noah's Ark』
打首獄門同好会『やんごとなき世界』
港カヲル『俺でいいのかい〜港カヲル、歌いすぎる〜』


・2月発売分
ねごと『ETERNALBEAT』
水曜日のカンパネラ『SUPERMAN』
PASSPO☆『Cinema Trip』
miwa『SPLASH☆WORLD』
SHISHAMO『SHISHAMO 4』
チームしゃちほこ『おわりとはじまり』
TRUE『Around the TRUE』


・3月発売分
鈴木このみ『lead』
YUKI『まばたき』
KEYTALK『PARADISE』
大森靖子『kitixxxgaia』
西沢幸奏『Break Your Fate』
和楽器バンド『四季彩-shikisai-』
三浦大知『HIT』


・4月発売分
水瀬いのり『Innocent flower』
Base Ball Bear『光源』
清竜人25『WIFE』
三戸なつめ『なつめろ』


・5月10日発売分
ゲスの極み乙女。『達磨林檎』
藤原さくら『PLAY』


・5月24日発売分
LiSA『LiTTLE DEViL PARADE』


・5月31日発売分
私立恵比寿中学『エビクラシー』
Dragon Ash『MAJESTIC』
Beverly『AWESOME』


・6月7日発売分
MONDO GROSSO『何度でも新しく生まれる』


・6月14日発売分
岡崎体育『XXL』
沼倉愛美『My LIVE』


・6月21日発売分
ばってん少女隊『ますとばい』
橋本絵莉子波多野裕文『橋本絵莉子波多野裕文』


・7月12日発売分
indigo la End『Crying End Roll』


・7月19日発売分
欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』
never young beach『A GOOD TIME』


・7月26日発売分
神様、僕は気づいてしまった『神様、僕は気づいてしまった』


・8月2日発売分
NMB48『難波愛〜今、思うこと〜』
PassCode『ZENITH』


・8月9日発売分
コレサワ『コレカラー』


・8月23日発売分
桑田佳祐『がらくた』
赤い公園『熱唱サマー』


・9月13日発売分
GLIM SPANKY『BIZARRE CARNIVAL』


〜Billboard JAPAN発新曲レビュー〜
 Billboard JAPANのHOT100を資料として新曲レビュー。最新版はこちら→8月21日付
 なお毎週のBillboard JAPANのチャートはこちらのページになります。
posted by Kersee at 08:45| Comment(2) | 更新予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月21日付

1位 乃木坂46「逃げ水」

 乃木坂46の中では3期生、新しいメンバーとなる大園桃子と与田祐希がセンターポジションを務める新曲。白石・西野・松村・生駒・秋元・桜井などまだまだ正規メンバーで活躍している1期生も多いですが、卒業するメンバーもチラホラ出始めている現況。そういう意味では先を見据えた編成と言えるのでしょうか。楽曲は夏をテーマにしていますが、いわゆる夏・水着系とは一線を画するメロディアスに聴かせる内容。打ち込み全開の編曲ですが、そこに風流という要素を混ぜたような。良いのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 23:40| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月14日付

1位 HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」

 先週末はTOKYO IDOL FESTIVALお疲れ様でした。チェアマンの指原莉乃もそうですが、現場ではむしろ各コーナーで進行を担当した矢吹奈子の印象の方が大きかったのではないかと思います。個人的に今年は参戦しませんでしたが、来年は出来ればまた1日だけでも足を運べればと考えているところですが。さてHKT48もメジャーデビュー5年目、10枚目のシングルとなりました。今回は思春期の女の子ならではの気持ちを表現した正統派アイドルソング。際立った個性と言うよりテーマに即した完成度を高めたような作品と言えるでしょうか。これもアイドルの表現の形の一つ、良い内容に仕上がっています。

続きを読む
posted by Kersee at 00:17| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月7日付

1位 Mr.Children「himawari」


 今年2枚目のシングルは映画『君の膵臓を食べたい』主題歌。年々配信がメインになっているミスチルにとって、年内2枚のシングルをリリースは「GIFT」「HANABI」以来9年ぶり。映画の主演は浜辺美波・北村匠海の2人でかなりの若手、ですが興行収入は初登場3位ランクインで『東京喰種』を上回っているようです。メロディーの良さはアレンジ次第では王道バラードになりますが、情熱的な歌声はロック色強めのバンド演奏に拠る部分もあるでしょうか。いずれにしても、2010年代後半のミスチルの代表曲として十二分に通用する内容。メジャーデビュー25年目となる大ベテランですが、25年後でも全く変わらず新曲で1位を取るくらいヒットして、普通にドームツアーしていそうな…。

続きを読む
posted by Kersee at 21:03| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする