2018年12月07日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年12月10日付

1位 AKB48「NO WAY MAN」

 今作のテーマはダンサブル。かどうかは実際のところ分からないですが、AKB48の過去曲でいうと「UZA」「Beginner」辺りに近い路線。何年かに1曲見られるカッコ良いAKB48、今のメンバー組成で見ると相当新鮮な気持ちで楽しめるナンバーではないかと思います。知名度の高いメンバーが卒業していくからこそ、今後のグループを担う存在が誰になるかを占う楽しみも出来ます。果たして来年のAKB48はどういった形になっているのでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 21:50| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年12月3日付

1位 back number「オールドファッション」

 CDリリースと同時に1位にランクアップ。TBS系ドラマ主題歌はやはり作品とともにヒットする傾向が、特に今年は例年以上に強いです。back numberも「青い春」で注目されたのが2012年末。気がつけばかなり息の長い活躍になりつつありますね。

続きを読む
posted by Kersee at 10:23| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年11月26日付

1位 乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」

 一昨年、橋本奈々未が卒業する際に作られた「サヨナラの意味」はものすごい名曲でしたが、西野七瀬の卒業シングルとして作られたこの曲も素晴らしい名曲ですね。全体的に良いですが、特にCメロは歌詞・メロディーともに際立っています。ストーリー性があって、多数のオマージュが散りばめられているPVも非常に素晴らしいです。そして何より、最初の印象以上に何度も聴くことでより深く伝わる部分が増える楽曲でもあります。今年はアンダー含めて9割近くのメンバーを把握して、ワンマンライブにも足を運びましたが、本当に良いグループですね。最近それをしみじみと感じる次第であります。

続きを読む
posted by Kersee at 21:54| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年11月19日付

1位 BTS(防弾少年団)「FAKE LOVE」

 多忙のため一週間遅れのアップになったことをお詫びします。この週の1位はBTS。日本語版のPVはアップされていないようなので韓国語版で。やっぱりカッコ良いですね。他の男性K-POPグループと比べてどうかと言われると専門外ということもあってうまく書けないですが、やっぱり他と比べるとオーラはあるような気がします。歌とパフォーマンス以外で色々騒がれていますが、それについての感想はここでは書かないようにします。

続きを読む
posted by Kersee at 19:19| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年11月12日付

1位 米津玄師「Flamingo」
4位 米津玄師「TEENAGE RIOT」


 2曲A面シングルとしてのリリースですが、その両方がこれだけ上位に入るのは珍しいのではないでしょうか。ストリーミング未解禁だからという面もありますが、アイドル以外でシングルCDを20万枚も売るのは尋常ではありません。浮遊感を感じさせる「Flamingo」は一言で言うとズバリ彼らしい一曲、バンドサウンドが強調された「TEENAGE RIOT」はストレートにカッコ良い一曲。今年上半期の「Lemon」も含めて、米津サウンドと言いつつも楽曲は三者三様。来年の楽曲も、ただひたすら楽しみです。

続きを読む
posted by Kersee at 20:04| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする