2016年01月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年1月11日付/18日付

 今年の新曲レビューはブログ更新ではなくTwitterで随時という形にする予定でしたが、昨年度のJapanese Music Award選出のため、オリコン週間top20にランクインした作品を出来る限りYoutubeで見ると気持ちも変わるもので…。やっぱり時代が変われど新曲を知るのにヒットチャートはある程度参考になると感じた次第。ですがもう既に皆さんも分かってる通りオリコンランキングはヒットという意味で考えるとあまり参考にならない状況。そもそもCDシングルの売上だけでヒットを測る時代は既に終了しています。かくいう私も昔はオリコンチャートを引っ張ってきてチャートレビューしていましたが、今更ここでそれをやる意味はありません。

 そこで、これまた昔になりますがYoutubeで新曲レビューというのを2008年〜2009年くらいに実施していました。当時は非公式のものを引っ張ってくるという形で、もう過去記事で見るとリンク切れの山と化していますが現在は各レコード会社・フルサイズか1分半かで状況は違いますがかなり充実した状況になっています。配信シングルも相当増加した今、CDシングルレビュー自体がむしろ即時性という意味ではちょっと遅くなりつつ感じ始めている部分が生じてきました。とは言えマスコミやレコード会社では未だにオリコンの方が持て囃される状況。本当のヒット曲の動向を知る意味あるいは各アーティストの本当の人気を測る意味で考えると、これはあまり良い状況ではありません。オリコンの順位は売り方次第でいくらでも順位を上げられるのは、消費者も完全に分かっています。

 というわけで、今年はBillboard Japan Hot 100から注目の新曲を引っ張ってレビューするという形を取ることにしました。ビルボードといえば海外では大昔からお馴染みで、その歴史は1940年にまで遡ります。以来時代によって集計方法も変えつつ今日まで継続しています。勿論細かく言うと各ジャンル弱い部分があるという批判もあるようですが、CDシングルの売上だけを取り上げるオリコンと比べると多角的に見ることが出来るチャートなのは間違いありません。日本でも2008年から公開開始、2014年からは総合順位だけでなく各要素の順位もCHART insightという形で見ることが出来るようになりました。もちろんCD売上が高ければビルボードの総合順位も自然に上がるわけですが、そのカラクリもこれで分かるようになるわけです。

 なお当ブログで書いてくのはビルボードランキングを資料にした新曲レビューです。そのほとんどがランキング初登場曲になると思います。チャート分析は話のネタとして書いていくつもりではありますが、チャート分析を目的とした文章でないのだけはご了承ください。今回は土曜日に記事更新という形ですが、来週以降はチャートが更新される毎週木曜か金曜にまとめてレビューしていくという形でいきます。

 というわけで、まずはご覧ください。なお今回に限り先週分も含めた2週分の更新になります。

続きを読む
posted by Kersee at 02:38| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする