2016年03月19日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年3月21日付

1位 AKB48「君はメロディー」

 オリコンでは123万枚、相変わらずものすごい数字を叩き出しています。商法でいうとカップリング違いの5種、その中には新生NGT48の楽曲や乃木坂AKBのコラボも有り、特典はイベント参加券とメンバーの生写真27種類。ファンだったら5枚買うのは当然で、生写真まで欲張ると何枚買えばいいのか分かりません。大変です。ちなみに配信の方は最新のレコチョク週間で9位、今日のiTunesデイリーは30位台でした。CHART insightによると当然ながらセールス9割以上、CDリッピングも1位にはなりますが割合としては1%〜2%くらいでしょうか。まあそれだけ多くの枚数が売られたわけです。
 楽曲は今回メジャーデビュー10周年ということで、前田敦子・大島優子・篠田麻里子・板野友美といった卒業メンバーも加わっています。PVのモチーフは大奥、監督は「ヘビーローテーション」「さよならクロール」なども手掛けた蜷川実花。大変豪華です。ここ最近AKBは卒業メンバーに頼りすぎという話もあって、まあ私もそう思う部分はありますが曲は良いです。何と言いますか、日本人が聴く音楽はメロディー重視で、その良さをあらためて最大限に出したという感じがしますね。作っている曲の量があまりにも多い秋元先生ですが、力を入れるべき所ではものすごくプロフェッショナルな仕事をするのも彼の特色。この曲もプロの仕事を存分に見せている楽曲と言えるのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 01:23| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする