2016年04月29日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月2日付

1位 ジャニーズWEST「逆転Winner」
 例のごとくジャニーズ勢が今週の首位。なんだかんだ言ってもセールス要素だけでなくCDリッピングも1位、ラジオオンエアも9位。安定しています。目安となるオリコン初動枚数は約11万枚。リリース形態の違いを抜きにして単純に発表された数字だけで比較すると、3月リリースのキスマイの約半分、1月のNEWSと比べると3〜4万枚ほど及ばずと言ったところ。シングルは9ヶ月ぶり5枚目で、CDデビューは今年で3年目を迎えます。今作は松井五郎作詞、岩崎貴文作曲、CHOKKAKU編曲。クレジットを見る限りでは手堅く彼ららしい作品に仕上がっていそうな雰囲気ですが果たして。

続きを読む
posted by Kersee at 18:44| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月25日付

1位 HKT48「74億分の1の君へ」

 世界人口、私が中学生くらいの頃は60億人くらいでしたが発展途上国なるとまだまだ人口は増加傾向。2015年現在の人口が約73.5億人だそうです。となると今頃は74億人が相場、ということなんでしょうか。というわけで今回のHKT48のシングルは74億人の中からあなたと一緒に人生を歩むことが出来てとても嬉しいというウエディングソング。歌詞の世界観は2016年どころか20世紀、ヘタすると昭和で止まっている感がなきにしもあらずですが、やっぱり言われた方とすれば嬉しいものなのでしょう。セールス・CDリッピングともに安定の1位という形でした。

続きを読む
posted by Kersee at 09:01| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月18日付

1位 欅坂46「サイレントマジョリティー」

 乃木坂46の妹分グループである欅坂46がデビュー曲にして1位獲得。オリコンでは初動約26万枚で文句無しに1位、レコチョクでも週間1位、iTunesでも上位にランクイン。セールス要素は完全に文句無しの1位ですね。CDリッピングも1位、Twitter2位でYoutube3位、このジャンルでは強くないラジオオンエアでさえも7位。完全に今年の代表曲と化しているくらいの勢いです。各所での評判も相当上々で、ここ最近の48系どころか乃木坂46でもあまりないくらいの好反応。私も23位で初登場時に只者ではなさそうというニュアンスで感想を書きましたが、どうやらその判断は間違いではなさそうです。ちなみにセンターを務める平手友梨奈は14歳。この年齢でこの魅力を出せる人材は近年いなかったのではないでしょうか。乃木坂46デビュー時の生駒里奈は当時16歳でしたが、果たしてどうなるでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 02:10| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月11日付

1位 SKE48「チキンLINE」

SKE48・通算19枚目のシングルが今週の1位。劇場版『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』主題歌。順位はいつも通りですが、オリコンランキングを見る限り昨年の2作と比べると枚数はちょっと低め。ただ「コケティッシュ渋滞中」はミュージックカードが集計対象に入っていたこと、「前のめり」は松井玲奈ラストということを差し引くべきかもしれませんが…。
 楽曲はSKEのシングルだと意外と少ないクールなダンスナンバー。歌詞は"LINE"の使い方が完全に現代を表していますね。10年〜20年後には今でいう”ポケベル”みたいなテイストになりそうな気もしますが。良い曲だと思いますが、ビジュアル面で見るとやっぱり松井玲奈がいないことの大きさを個人的には感じてしまいます。勿論ファンの人にとっては必ずしもそうではないと思いますが。

続きを読む
posted by Kersee at 23:09| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月4日付

1位 乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」

 ビルボードは細かい数値がデータとして存在しないので、2位との差がどれくらいあるのか不明瞭ではありますがおそらく今週はブッチギリだったと思います。オリコンの初動枚数は約74万枚、過去最高の数値を記録しました。TYPE-A〜Dと通常盤の5種発売、一応前作もA〜Cと通常盤・アニメ盤なので5種発売でした。今年でデビュー5年目、いよいよこれからが絶頂期に入る形になるでしょうか。結成時の人気メンバーがまだまだ10代後半〜20代前半で活躍しているところが非常に強いです。楽曲については3月7日付で20位に初登場している際に書いているのでここでは省略します。

続きを読む
posted by Kersee at 21:10| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする