2016年06月03日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年6月6日付

1位 back number「僕の名前を」

 オリコンのCDランキングを見る限り、今週の上位はかなりの接戦模様になっているようです。そちらでの1位は嵐が2週連続でしたが、ビルボードでの1位はback numberの新曲。オリコンは6位でも映画『オオカミ少女と黒王子』主題歌ということで配信ダウンロード件数も多く、セールス要素は見事1位。これが占める割合は60%ほどで、あとはラジオ(3位)・CD読取数(2位)・Twitter(6位)がバランス良く。まさしくヒット曲らしいヒット曲が1位を獲得したという形になっています。
 楽曲は”純愛”という言葉がまさにピッタリのラブバラード。「クリスマスソング」「ヒロイン」、大作バラードもいよいよ板についた感じでしょうか。それ以前にもファンにお馴染みのバラードの名曲は色々ありますが、個人的には「青い春」「高嶺の花子さん」最近だと「サイレン」などのアップテンポの方が好み、ただこれまで何度となく書いているように清水依与吏が描く歌詞はどちらも素晴らしいものがあります。今作も難解な言葉が一つもない、分かりやすい単語の組み合わせで実に泣ける内容に仕上がっています。期待を裏切らない名曲、今作に関してはこれが一番しっくりくる言葉なのかもしれません。

続きを読む
posted by Kersee at 22:29| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする