2016年07月28日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月1日付

1位 KinKi Kids「薔薇と太陽」
 KinKi Kidsが「硝子の少年」でデビューするや否や国民的ヒットになったのが1997年、19年も前のこと。当時の中学生は現在アラサー、当時の20歳半ばは現在アラフォー。ここ最近の音楽活動を考えると10代〜20代のファンが増える要素があまりないのですが、それでいていまだにオリコン公称で約20万枚CDを売り上げる。凄いことだと思います。余程定着率が高いのか、ファンの母親が子どもにも買わせているのでしょうか。よく分からないですが。ただ今回は復活したばかりのTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉が楽曲提供、編曲に船山基紀を起用。ここ最近の中でも極めて楽曲の評価が高いようです。…いい加減ジャニーズも少しはネット使った方がいいんじゃないでしょうか。コンサートもインターネットでは買えないとか…もっともファンクラブ会員でドームのワンマンが軽く埋まるほどの集客なのでそちらはさして問題なさそうですが。

続きを読む
posted by Kersee at 01:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

2016年上半期を振り返る

 もう7月も終わりを迎えそうですが、2016年1月〜6月まで振り返った中で、あらためてベストに入る作品を30曲、アルバム20作ピックアップします。

続きを読む
posted by Kersee at 22:50| Comment(0) | Japanese Music Award | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年を振り返る〜6月リリース編〜

〜6月1週(5月4日発売分)〜
ビルボードチャート注目曲
AKB48「翼はいらない」(1位)
大原櫻子「大好き」(4位)
妄想キャリブレーション「ちちんぷいぷい♪」(51位)
吉川 友「歯をくいしばれっっ!」(82位)

 AKBと櫻子ちゃんは王道の良さ、あとの2組は変化球の面白さでしょうか。アルバムにはあまり気になる作品なかったです。

続きを読む
posted by Kersee at 21:35| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

2016年を振り返る〜5月リリース編〜

〜5月1週(5月4日発売分)〜
ビルボードチャート注目曲
w-inds.「Boom Word Up」(8位)
9nine「愛 愛 愛」(15位)
BiSH「DEADMAN」(16位)
HARUHI「ひずみ」(55位)
和島あみ「幻想ドライブ」(65位)

 ゴールデンウィーク週は例年同様、目立った作品なし。これでもビルボードにランクインした楽曲における佳作は例年より多い方だと思います。

続きを読む
posted by Kersee at 00:20| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月25日付

1位 NEWS「恋を知らない君へ」
 メンバーである加藤シゲアキも出演するNTV系土9ドラマ『時をかける少女』エンディングテーマ。このドラマは五輪の兼ね合いもあって、異例の全5回放送らしいです。このシリーズは実写映画3回・アニメ映画1回・テレビドラマ化は今回で5回目だそうです。ちなみに筒井康隆が書いた原作の初版は50年近く前のこと。これだけリメイクされる作品も滅多にないのではないでしょうか。NEWSにとっては今作が記念すべき20枚目のシングル。「NEWSニッポン」が2003年なのでもうひと昔前のこと。全然ベテランっぽさを感じないのは、メンバーの現象があったからでしょうか、あるいは上のジャニーズ勢がつっかえすぎなせいでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 17:52| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月18日付

1位 関ジャニ∞「罪と夏」
 関ジャニ∞30作目のシングルが順調かつ順当に首位獲得。オリコン初動は27万枚、相変わらず強いです。最近では大倉忠義の熱愛報道が話題になっていますが…。CDデビュー13年目、グループ最年少である彼も既に31歳。SMAPより前ならとうにグループを解散している年齢です。平成の時代、ジャニーズのグループは多くのグループが余裕で活動期間10年を超えるようになりました。それと同時に高齢化も進んでいて、平均10代の有名どころはいまやSexy Zoneしかいません。近年デビューしたジャニーズWESTやA.B.C-Zも20代が中心、1990年代〜2000年代生まれのジュニアにとってはデビューまでのハードルが年々高くなっています。むしろデビューしてからも上が解散しないので台頭するのが難しくなっています。年始のSMAP関連の報道などで事務所の体質の古さが年々露呈していますが、大丈夫なんでしょうか。なお今回の曲は”夏のツアーを盛り上げるお祭りソング”ということらしいです。

続きを読む
posted by Kersee at 01:46| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

2016年を振り返る〜4月リリース編〜

〜4月1週(4月6日発売分)〜
Perfume『COSMIC EXPLORER』
COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD+Blu-ray) - Perfume
COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD+Blu-ray) - Perfume
 レビュー済。おそらく今年トップになるであろう作品。宇宙規模というのはタイトルが示す通りですが、それさえも超越するオーラを兼ね備えた世紀の名盤です。

ビルボードチャート注目曲
欅坂46「サイレントマジョリティー」(1位)
アップアップガールズ(仮)「パーリーピーポーエイリアン」(8位)
松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン「シャボン」(10位)
黒木 渚「ふざけんな世界、ふざけろよ」(18位)
チームしゃちほこ「Cherie!」(28位)

 「サイレントマジョリティー」はデビュー曲ながら2016年を代表するヒット曲になりました。これもまた今年を語る上で欠かすことできない作品になりそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 02:12| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする