2016年07月13日

2016年を振り返る〜3月リリース編〜

〜3月1週(3月2日発売分)〜
SCANDAL『YELLOW』
YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL
YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL
 レビュー済。この週3組のガールズバンドのアルバムが同時発売されましたが、格の違いを見せる形に。

Silent Siren『S』
S(初回生産限定盤)(DVD付) - Silent Siren
S(初回生産限定盤)(DVD付) - Silent Siren
 レビュー済。冒頭の「チェリボム」は今年トップクラスの名曲ですが、全体としては課題が残る作品という印象でした。

SHISHAMO『SHISHAMO 3』
SHISHAMO 3 - SHISHAMO
SHISHAMO 3 - SHISHAMO
 レビュー済。さすがに前作ほどの衝撃はありませんが、このアルバムも十二分の名盤でした。

ビルボードチャート注目曲
μ's「MOMENT RING」(2位)
BURNOUT SYNDROMES「FLY HIGH!!」(12位)
ミソッカス「マッドシュリンプス」(39位)
藍井エイル「アクセンティア」(40位)
でんぱ組.inc「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」(45位)
乙女新党「雨と涙と乙女とたい焼き」(47位)
Silent Siren「チェリボム」(48位)
HOWL BE QUIET「MONSTER WORLD」(54位)
Charisma.com「サプリミナル・ダイエット」(75位)
ミライスカート「千年少女〜Tin Ton de Schon〜」(78位)

 大当たり週。この週はレビューしていてすごく楽しかったです。

続きを読む
posted by Kersee at 16:12| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月11日付

1位 GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」

 12枚目のシングルとなる今作も、前作「AGEHA」に続く形で首位獲得。今回は2位になった曲の評判が各所でものすごく高いので彼らに対する風当たりが妙に強い気がしますが、オリコンCDセールスだけでなくレコチョクでも2位、しっかり結果を出してます。曲の善し悪しについてはともかく、結果に関しては文句言えないのではないでしょうか。楽曲はしっとりした聴かせるバラード。4年前にデビューした際に初めて聴いた時は、ボーカルの声にややクセがあって微妙な印象がありました。今は全くそんなことないですね。ファンの方々、そうでなくても女性なら思わずウットリする曲に仕上がっているのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 20:30| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

2016年を振り返る〜2月リリース編〜

〜2月1週(2月3日発売分)〜
片平里菜『最高の仕打ち』
最高の仕打ち(通常盤) - 片平里菜
最高の仕打ち(通常盤) - 片平里菜
 レビュー済。ラスト4曲に彼女らしさが詰まっている作品、と言えるでしょうか。

さかいゆう『4YU』
4YU(初回生産限定盤) - さかいゆう
4YU(初回生産限定盤) - さかいゆう
 レビュー済。一言で言うと贅沢な名盤。おそらく今年一年を振り返っても上位に入る作品になるでしょう。

蓮沼執太『メロディーズ』
メロディーズ - 蓮沼執太
メロディーズ - 蓮沼執太
 都会的センスに溢れた温かい音を奏でる、今年流行のミュージック。一貫して心地良い雰囲気はドライブに最適。もう少し曲にメリハリがあればなお良しといったところでしょうか。この中だと女性コーラスの使い方に長けた「ストローク」辺りがなかなか。この記事作成段階ではまだじっくり聴き込めてない状況ですが、聴き込めば聴き込むほど味が出る深い作品という雰囲気は、一聴しただけでも感じるところです。

ビルボードチャート注目曲
LACCO TOWER「薄紅」(29位)
三山ひろし「四万十川」(46位)
林原めぐみ「薄ら氷心中」(59位)
さかいゆう「SO RUN」(89位)

 林原めぐみの新曲が椎名林檎提供ということは記事作成段階で失念していました。知るという上ではLACCO TOWERが一番の収穫でしょうか。さかいゆうのアルバムを聴くキッカケはこのビルボードにおけるレビュー。彼以外にも今年はこれ由来で入手して聴くようになったアーティストが増えてきました。そういう意味では毎週チャートを見てレビューする甲斐があるというものです。読者の皆さんにも新しい音楽を見つける手段として、是非活用して頂きたいと思っているところです。

続きを読む
posted by Kersee at 01:11| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

2016年を振り返る〜1月リリース編〜

 今年もはや半年経ちました。上半期を振り返る企画が各所で行われています。昨年は定石通りにベストソング30曲、ベストアルバム20作を選びましたが、今年はその前にまだレビューしていないアルバムを中心に、総集編的な振り返り企画を立てて書いていく形にします。6月24日発売分のアルバムは7月中旬頃を予定しているので、最終的に上半期の振り返りが完成するのは7月20日頃になりそうですが…。また7月以降上半期のアルバムについてあらためて書く可能性もありますが、その際は当該記事に随時追加という形になります。1ヶ月毎に記事を作り、毎週ごとに振り返る形式になります。それではどうぞ。

続きを読む
posted by Kersee at 23:03| Comment(0) | アルバムレビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月4日付

1位 佐々木千枝(今井麻夏)、櫻井桃華(照井春佳)、市原仁奈(久野美咲)、龍崎 薫(春瀬なつみ)、赤城みりあ(黒沢ともよ)「ハイファイ☆デイズ」

 発売されるたびに上位にランクインされるアイマスことTHE IDOL M@STERシリーズが今週ついに首位を獲得しました。アーケード版でゲームセンターに登場したのが2005年、スマホ版のアイドルマスターシンデレラガールズがアプリに登場したのが2011年。ついにここまで到達した、というのが正直な印象でしょうか。μ'sのラブライブ!もアプリゲームが大盛況ですが、こちらはアニメ放送の要素も手伝ってのヒット。アイドルマスターもアニメ化は2011年にされていますが、今の順位はやはりゲーム人気によるものが大きいのではないかと思います。セールス・CDリッピングで堂々の1位。9月と10月に行われるライブ抽選のシリアルコードが封入されているそうですが、それでもSTARLIGHT MASTERシリーズの過去2作がオリコン計上2万、3万なのに対し今作は9万枚。ライブもワールド記念ホール・さいたまスーパーアリーナでかなり大規模。いよいよ世間的に広く大ブレイクという段階に入るのでしょうか。個人的にデレマスはまだプレイしたことないので曲の予備知識はないのですが、試聴する限りでは王道ノリノリアイドルソング。基本に忠実に盛り上がりやすく聴きやすく、アイマスの名刺としても十二分に通用しそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 02:37| Comment(2) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする