2016年11月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月28日付

1位 AKB48「ハイテンション」

 今作のセンターは先日卒業を発表した島崎遥香。その彼女がセンターで”ハイテンション”というのはなかなか味があります。ディスコティックなテイストはここ数年、年に1作はあるという傾向でしょうか。元気になる曲で悪くはないですが、やはり乃木坂・欅坂と比べるともう少し曲の良さが話題になっていない感もあります。CD売上は今作もオリコンで100万枚計上してますが、他の要素はTOP10入りしててもTOP3はCDリッピングだけ(それさえも星野源、back numberに負けてます。Twitterは4位)。時期の関係も左右するYoutubeを除くと、他の3部門でTOP3に入っていた先週の乃木坂46と比べてやや対照的な結果になっているのは間違いないような気がします。

続きを読む
posted by Kersee at 10:26| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月21日付

1位 乃木坂46「サヨナラの意味」

 乃木坂46の歴史を作った一人である橋本奈々未のラストシングル。大ヒットしてます。オリコンで80万枚超のセールスは過去最高、総合チャートでもセールスの他、CDリッピングとTwitterで1位になってます。このジャンルでは強くないラジオオンエアでさえも3位。ブッチギリです。クライマックスに向けて高まる雰囲気と、ラストサビにおける集大成感。文句無しです。売上でなく質的にも今年を代表するヒット曲でしょう。しかしこう考えると今年は48系と46系の力関係が完全に逆転した年だなぁ、としみじみ。

続きを読む
posted by Kersee at 02:45| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月14日付

1位 ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」

 今年の春はBABYMETALのアルバムが全米チャートTOP40入りしたことが話題になりましたが、同じ年にビルボードランキングに入る日本人が彼になることを誰が想像したことでしょう。ついにこちらの総合ランキングでも1位獲得。ヤフーニュースでも彼の名前を見ない日はないという勢いになっています。凄いですね。もしかすると紅白歌合戦をはじめとする年末音楽番組も出演ラッシュになるのでしょうか。ちなみに今年泉大津フェニックスで行われたSCANDAL10周年ライブで、アンコールの最後に踊った打ち込みの曲「SCANDAL IN THE HOUSE」は古坂大魔王の楽曲提供であることは、一応特筆しておきたいと思います。

続きを読む
posted by Kersee at 01:12| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月7日付

1位 Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」
 6週ぶりの、ジャニーズ1位奪還。基本的に波乱がない時はビルボードでもジャニーズ勢が1位を取るものだと、しみじみ感じさせる今日この頃。もっともオリコン初動26万枚なら余程のことがない限り安泰ですけどね。この売上をコンスタントに稼げるのは今や嵐とキスマイと彼らだけ。この事務所も10年間で多くのグループがデビューしていますが、軸になっているのはこの3組だというのがあらためてよく分かります。NTV系アニメ『タイムボカン24』OPテーマ。ビルボードにはアニメランキングもありますが、当然そちらでも1位獲得。狙ってやっているのかどうかは分からないですが…。

続きを読む
posted by Kersee at 13:38| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする