2009年04月05日

石野田奈津代フリーライブ(2009.4.5 at 阪急西宮ガーデンズスカイガーデン)

 連日のスカイガーデンからのライブレポです。今日は石野田奈津代のフリーライブの模様をお届けします。

 知らない人もいるかと思うのでまずは軽くプロフィール。東京都の諸島部にあたる神津島出身の28歳で、1999年に一旦は「いしのだなつよ」の芸名でデビューするもののヒットに至らず、2年でレコード会社・事務所から契約を切られます。その後8年間インディーズで活動、その間に一旦音楽の道を諦めかけるなどの紆余曲折を経て、やがてその活動がTVやラジオで注目されるようになって今年の2月にユニバーサルから再デビューを果たした、いわば苦労人です。

 オフィシャルページはこちらとなっています。

 4月28日には『誰も知らない泣ける歌』への出演が決定しているなど、今最も注目されていると言っても過言ではない女性シンガーソングライターです。昼時の家族連れが多く賑わう阪急西宮ガーデンズ、そこに集まった人たちを魅了させるには十分過ぎる内容でした…。

 この日は午後1時開演と午後3時開演の2回公演。私は午後3時開演の方に参加しましたがどうやら両方参加したお客さんもかなりいる模様(ライブでの挙手より)。子供連れのファミリーから独り身の中年まで、幅広い客層が集まっていて、西宮スタジアムのスタンド席を模したという観客席は8〜9割埋まっていたように思います。

 舞台袖から表れた石野田奈津代はややシックな色合いのワンピース姿。清楚ないで立ちの彼女のステージ構成も実にシンプルで、演奏は白いギターケースから出された1本のアコースティックギターのみ、バックバンドもなしで、ただ彼女の歌声とギターの音がスカイガーデンに響き渡る内容。

 1曲目の「サクラ前線」は今回演奏された5曲の中で唯一観客の手拍子が入ります。まさに春に咲く桜を見て書いた歌詞という感じで、一瞬誰にでも書けそうなシンプルな内容にも思いますが、実際これだけ素敵に書けと言われてもまず書けないだろうな、と思わせる楽曲でした。

 「盛り上がる曲はこれしかないんで(笑)、あとはしんみり聴いて頂ければ」というMCの後「60億分の1」。彼女の歌声を聴くと、本当に心から歌を楽しんで、言葉を噛みしめて歌っているということを感じます。そしてその歌声はメゾ〜アルトっぽい、やや太く力強い声質の中に繊細さが絶妙にブレンドされている、つまりはしっかりした歌声の中に強い気持ちが入っているといったところでしょうか。これは持って生まれた才能の上に、過去に苦労した経験が自分を強くさせているということなのかもしれません。

 3曲目の「オリオン」は東京の夜空を思って書いた曲。会場は兵庫県の、少し風が冷たい真昼ではありましたが、それとは全く関係なく十分に響くものがある曲でした。

 4曲目の「うまくいかない時は」。これは挫折して引きこもり状態まで経験した彼女だからこそ書ける歌詞なのかもしれません。そしてそれは今現在世界中にいる、一歩踏み出せない人たちに向けて送る究極のメッセージソングのような気がしました。私にも思いあたる節が多々あるので、すごく心に響きました。本当にこの曲は名前の通り、「うまくいっていない人」に是非聴いてほしい楽曲だと思います。

 ラストはメジャー再デビューシングルのリード曲の「春空−ハルソラ−」。桜の花びらが舞い散る、まさに春という季節にピッタリのバラード。サビの力強い歌声が非常に印象的でした。

 非常に素晴らしいステージでした。観覧無料のライブでしたがはっきり言って無料では勿体無い内容です。CDも買わせて頂きました(ちなみにCDを購入した人には本人のサイン&握手がありました)。ちなみにライブ後に行われたCD即売は見事に完売でした。おそらくこのステージを見たお客さんの大半も彼女の歌声に魅了されたことだと思います。人間的にも非常に好感の持てる印象で、本当に今後ますます注目される存在です。兵庫県に来るのは初めてだという彼女、案外次に来る時は神戸の大きなホールでのワンマンライブかもしれません。

 なおこの日の様子は4月9日に、関西地方ではMBSの『ちちんぷいぷい』で放送されるそうです。そしてその翌日にはその番組に彼女がゲスト出演、生で歌も披露するそうです(こちらは金曜日なので全国ネット)。時間のある方はそちらも是非チェックしてみてはいかがでしょうか。


(セットリスト)
1.サクラ前線
2.60億分の1
3.オリオン
4.うまくいかない時は
5.春空−ハルソラ−


(動画)
「春空−ハルソラ−」(Youtube・universal公式)
「オリオン」(Youtube)
My Spaceのアーティストページ

(収録CD)
(2, 4, 5収録)
(1, 3収録)


ラベル:石野田奈津代
posted by Kersee at 23:38| Comment(0) | ライブレポート(2010年以前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。