2015年01月10日

Japanese Music Award "2014 Best Track 100" part 1

 ここまで2014年にCD・配信という形で入手した作品を列挙しましたが、その中からいよいよ個人的な表彰に入りたいと思います。といっても今年は単純に、ベストトラック100曲とベストアーティスト50組を決めていく形になります。記事は全部で3つ。この記事ではBest Trackの100位から、51位まで順番に発表していきます。順位に関しては色々個人的に考えに考え抜いて決めましたが、基準について言えば早い話を言うと独断と偏見です。したがってレビュー時よりも評価が高くなっていることは間々あります。更に言うと先日決めたアルバムtop30とも少し食い違いが生じているかもしれません。ですが順位がおかしい!とかあの曲が入ってない!という苦情はコメント欄で一切受け付けませんのでその旨ご了承ください。

100位 木村カエラ「TODAY IS A NEW DAY」

 カエラのダイナミックスさが昔同様かつ新鮮な形でよく表れていた作品だと思いました。

99位 大森靖子「イミテーションガール」

 ファンシーでポップでキュートな雰囲気。

98位 パスピエ「アジアン」
幕の内ISM (初回限定盤) (DVD付) - パスピエ
幕の内ISM (初回限定盤) (DVD付) - パスピエ
 パスピエの良さが一番出てる曲は個人的にこれだと思います。

97位 鈴木このみ「This game」

 ダイナミックで優美で繊細で美しいナンバー。

96位 大森靖子「呪いは水色」
洗脳 - 大森靖子
洗脳 - 大森靖子
 先日のRADIO CRAZYラストでの弾き語りが印象深いです。生きていることをテーマにした楽曲。

95位 Superfly「Live」

 生きていることをテーマにした歌詞が深く耳に突き刺さる名バラード。

94位 KEYTALK「パラレル」

 オーディエンスをのせるリズムの作り方が非常に良かったですね。

93位 レキシ「キャッチミー岡っ引きさん feat.もち政宗」
レシキ - レキシ
レシキ - レキシ
 このシチュエーションでこんなほのぼのとした曲調になるという発想が素晴らしいです。

92位 高橋 優「パイオニア」

 やはりロックを前面に押し出した彼の作品に外れはないですね。

91位 HKT48「桜、みんなで食べた」

 やっぱり48系はこれくらいの勢いがほしいです。

90位 ゆず「ユートピア」

 和の雰囲気とロックと打ち込みとコミカル。ゆずの進化を感じさせた傑作。

89位 tofubeats feat. 新井ひとみ「Come On Honey!」

 やっぱり新井ひとみちゃんは天使ですね。

88位 高橋 優「BE RIGHT」
【Amazon.co.jp限定】 今、そこにある明滅と群生(通常盤) (残暑見舞い付) (メガネ着脱式クリアケース仕様) - 高橋優
【Amazon.co.jp限定】 今、そこにある明滅と群生(通常盤) (残暑見舞い付) (メガネ着脱式クリアケース仕様) - 高橋優
 社会問題を切り込んだ作風も彼ならでは。

87位 SCANDAL「Runners high」
Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~(初回生産限定盤)(DVD付) - ARRAY(0xeb064b0)
Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~(初回生産限定盤)(DVD付) - ARRAY(0xeb064b0)
 正直スピリットシングルは期待に反してガッカリの内容でしたが曲は良いです。

86位 SMAP「Top Of The World」
Top Of The World / Amazing Discovery (通常盤) - SMAP
Top Of The World / Amazing Discovery (通常盤) - SMAP
 7拍子のテンポもさることながら、これをデビュー24年目のSMAPが歌うことの凄まじさ。恐ろしくカッコ良い作品でした。

85位 KANA-BOON「シルエット」

 テンポもそうですがこの曲はメロディーもよく出来ていると思います。年末たてこんでたのでレビューはできなかったですが…。

84位 NMB48「らしくない」

 ふぅちゃんやみるるんセンターよりPVのキダ・タローに目がいってしまう件。

83位 BABYMETAL「ギミチョコ!!」

 サビとそれ以外の落差が本当に凄まじいですね。

82位 黒木 渚「革命」

 単純にジャンヌ・ダルクっぽくてカッコ良いです。もっと彼女の魅力は知られてほしい。

81位 東京女子流「月の気まぐれ」
Partition Love (通常盤) - 東京女子流
Partition Love (通常盤) - 東京女子流
 確立された曲の世界観も良かったですが、何より振付が良いですね。綺麗です。

80位 中島みゆき「産声」
問題集 - 中島みゆき
問題集 - 中島みゆき
 やはり生きることをテーマにした中島みゆきの作品はレベルが違いますね。

79位 SEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル」

 SF的世界観を音楽に持ち込んだ作品は2014年の大きな話題でした。

78位 back number「繋いだ手から」

 ラヴソングの伝導師。女性だけでなく男性にも共感を持てそうな所が良いです。

77位 くるり「ロックンロール・ハネムーン」
THE PIER (通常盤) - くるり
THE PIER (通常盤) - くるり
 懐かしい雰囲気ですね。1970年代後半のニューミュージックっぽい感じで。

76位 SEKAI NO OWARI「Dragon Night」
Dragon Night (通常盤) - SEKAI NO OWARI
Dragon Night (通常盤) - SEKAI NO OWARI
 気がつけば年末番組で歌うことが多いせいですっかりお気に入りに。

75位 Negicco「フェスティバルで会いましょう」

 もうTOKYO IDOL FESTIVALのテーマ曲にしちゃえばいいと思います。

74位 ゆず「ヒカレ」

 やはり2013年末以降におけるゆずの楽曲は素晴らしいものばかりだとあらためて。

73位 ベイビーレイズ「恋はパニック」

 『自虎紹介』を聴き込んでない中で見たTIFのステージで一番印象に残った曲はやはりこれでした。サビのインパクトが大変に秀逸。

72位 家入レオ「Silly」

 経験を経て、声に色気が増したような気がします。

71位 miwa「希望の環(WA)」

 東北復幸祭テーマ曲。12月のワンマンライブ、アンコールのラストでもみんなで歌いました。

70位 私立恵比寿中学「ハイタテキ!」

 排他的かと思いきや歯が痛いという歌詞。よくよく考えると久々に学芸会っぽいナンバーでもありますが相変わらずロックサウンドは上質。

69位 嵐「GUTS!」
GUTS !(通常盤) - 嵐
GUTS !(通常盤) - 嵐
 前向きな歌詞にノリの良いリズム。ヒットする曲のお手本という感もあります。

68位 レキシ「年貢 for you feat.旗本ひろし、足軽先生」

 個人的に2014年の秦基博は「ひまわりの約束」よりこっちの方がベストソング。

67位 くるり「しゃぼんがぼんぼん」
THE PIER (初回限定盤) - くるり
THE PIER (初回限定盤) - くるり
 アルバムの流れで自然に頭に入ってくる楽曲ですね。2分に満たないロックサウンド。

66位 Kalafina「heavenly blue」

 実はシングルでなくベストアルバムで入手したナンバーですが作り込みが半端なかったです。

65位 チームしゃちほこ「よろしく人類」

 PVが神作品。楽曲もそれにつられた感じ。

64位 氣志團「喧嘩上等」

 主題歌になったドラマはヒットしませんでしたがこの曲は氣志團にとって久々の大ヒット。氣志團の80年代オマージュとは別の意味で懐かしさに浸れる作品でもありました。

63位 Shiggy Jr.「LISTEN TO THE MUSIC」

 各所で絶賛されてたので年末あらためてアルバムを入手しましたが、確かにそれに値する作品だと思いました。イントロなしで入るサビが極めてキャッチーで確実に耳に残りますね。それ以外でもバンド音と打ち込みが絶妙に合わさった編曲にポップなメロディーは大変に秀逸。あらためて2015年注目のバンドになりそうです。

62位 家入レオ「チョコレート」

 日本一悲しいバレンタインソング。デビュー前に作った楽曲だそうですが、この曲をきっかけに彼女は何かに目覚めたような気もします。

61位 西野カナ「好き」

 西野カナが作る愛の歌の総集編的なバラード。流石の出来でした。

60位 NMB48「イビサガール」

 理屈抜きに爽やかで分かりやすい。こういう曲は聴いていて気持ち良いですね。

59位 内田裕也 feat.指原莉乃「シェキナベイベー」

 結局2014年の48系ベストソングはこれになっちゃいました。なんだかんだで聴いていて一番面白くて飽きさせない楽曲に仕上げていたと思います。

58位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

 確かに前年までとは間違いなくクオリティ上がってるとは思いましたがまさかレコード大賞を頂けるまでになるとは。年末番組ですっかり洗脳されたクチです。

57位 Perfume「DISPLAY」

 PVの色彩効果は100点満点の出来ではないでしょうか。

56位 ゴールデンボンバー「ローラの傷だらけ」

 「女々しくて」以外でもまだまだイケるというのはこの曲が証明してると思います。

55位 家入レオ「純情」

 2014年のシングルは3作とも当たりでしたね。

54位 藍井エイル「KASUMI」

 切ない歌声が耳に残る楽曲です。

53位 竹内まりや「静かな伝説」
静かな伝説(レジェンド) (通常盤) - 竹内まりや
静かな伝説(レジェンド) (通常盤) - 竹内まりや
 語りかけるような歌詞が印象的でした。

52位 ゆず「ひだまり」

 鉄板。この一言に尽きます。

51位 FLOW×GRANRODEO「7 -seven-」

 年末レビューできなかった作品。この2組のコラボなのでクオリティはある程度保証されていましたが、その想像以上の勢いがあって素晴らしかったです。定期的に組んでも良いのではないでしょうか。


 TOP50以降は次の記事で。



posted by Kersee at 13:13| Comment(0) | Japanese Music Award | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。