2015年09月10日

家入レオ「君がくれた夏」

君がくれた夏 (通常盤) - 家入レオ
君がくれた夏 (通常盤) - 家入レオ

君がくれた夏 (初回限定盤) - 家入レオ
君がくれた夏 (初回限定盤) - 家入レオ

(楽曲レビュー)
1.君がくれた夏
 月9ドラマ『恋仲』主題歌。イントロのアコースティックギターとベースの音から過ぎゆく夏を感じさせてくれますね。落ち着きのある編曲は淡い香り。高音で作られるサビのメロディーから放たれる声がとても美しく、より切ない気分になります。ただブリッジの部分はライブだとより気合いが入りそうですね。割と普遍的な楽曲ではあると思いますが、だからこその良さもあります。今年の残暑に聴きたくなる楽曲No.1と言えるのではないでしょうか。

2.Shooter
 3分に満たない短い曲。冒頭の高音を出すのがかなり難しそうな楽曲です。攻撃性のあるロックのテイストを出した、若々しいナンバー。カッコ良いですね。

(総評)
 今作は曲も良かったですが、それ以上に家入レオの歌のうまさ・声の美しさを感じさせる作品でした。気がつけばもうデビュー4年目、まだ20歳ですが若手という感じではなくなってきました。このキャリアの場合絢香でいうと結婚・休止した年にあたりますし、YUIだとリフレッシュ休暇した年にあたります。そろそろ紅白歌合戦の声がかかるくらいのキャリアになっても全くおかしくないはずなのですが、どうしたものでしょうか。


posted by Kersee at 00:28| Comment(1) | 新曲レビュー(女性J-POP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家入レオ、不思議な存在になってきましたよね。

Superflyほど歌だけで圧倒する存在でもないのですが、シンガーとしての地位は確立してきていて、配信では紅白に出てもおかしくないようなヒットを毎年出してきています。
なのに制作体制は劣悪(一人製作)ですし、アルバムの売り上げは下がっているようです。

これからどうなっていくのでしょうか。
Posted by oumizi at 2015年09月23日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。