2015年09月11日

SCANDAL「Sisters」

Sisters(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL
Sisters(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL

Sisters - SCANDAL
Sisters - SCANDAL

(楽曲レビュー)
1.Sisters
 イントロ無しで始まるエフェクト入りの歌い出し、そこから繰り広げられるのは比較的王道のポップス。エレクトロな雰囲気も冒頭にありますが、サウンドは割と素直に質の高いバンド演奏。特にベースの音はこれまでになく耳に入りますね。楽曲自体はここ最近と比べるとずば抜けたイメージでないのですが、その分等身大をアピールしている印象。だからこそ特に、演奏面での実力が上がったことを証明できる楽曲でもあるような気がします。

2.LIFE IS A JOURNEY
 TOMOMIメインボーカル曲。ほのぼのとした雰囲気かと思いきや1度目のサビで少しスピードを上げる構成がユニーク。2度目もそうなるかと思いきや逆にテンポを落としてきました。以前だったらこういう曲は歌詞もフザケているところでしたがこの曲は割とマジメな内容、だからこその面白さがある楽曲だとあらためて思います。流石SCANDAL、と唸らせるには打ってつけの1曲。

(総評)
 割とSCANDALはデビュー当時の制服バンドなイメージも強く、その後も若々しさが印象に残るバンドでしたがすっかりベテランの風格になってきましたね。今年で結成10年目なので当然と言われれば当然なのですが、それ以上に長くやってるからこその雰囲気が今年は特に備わってきているような気がします。来年の10周年では大阪で大規模なイベントが予定されるそうで、出来れば足を運びたいところですね。


posted by Kersee at 23:11| Comment(0) | 新曲レビュー(女性J-POP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。