2016年10月07日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月10日付

1位 iKON「DUMB&DUMBER」

 今週の1位はK-POPの若手の雄・iKON。この曲で日本デビューになりますが、結果的には非常に華々しいデビューになりました。勢いと激しさが両立しているパリピなナンバー。楽曲もメンバーのルックスも大変野性的で、何年か後には今のBIGBANGくらいの人気になることも容易に想像できそうです。
 さてこのシングルですがオリコンでも1位、ですが売上は4.8万枚ほどで2位との差は1000枚ほど。ただビルボードの集計では11万枚近くになります。えらくズレがありますね。これはオリコンの方で、イベント商法や複数買いに関して集計方法が変更になったのが大きな理由だそうです。先週の虹のコンキスタドール、私立恵比寿中学辺りも集計方法変更の影響をオリコンでは大きく受けているようです。一方ビルボードの方では今のところ集計に変更なし。そういう意味では今後、複数買いの多いアーティストの方がビルボードでは目立つ結果になるのでしょうか…こちらでもすぐに集計見直しされる可能性も高そうですが。

3位 米津玄師「LOSER」

 セールス要素2位、ビルボードではiKONと倍以上の差ですがオリコンでは僅か1000枚ほど、売上枚数は約4.8万枚
で双方ともほとんど違いありません。つまり言うとこの作品は配信含めて、ほとんどの人が1人1枚の購入だったということでしょうか。ビルボードの売上枚数はこちらを参照しましたが、配信の数字はどうやら含まれていなさそうです。ちなみにレコチョクだとiKONが週間50位圏外、こちらは週間14位。ラジオオンエアとCDリッピングはやはりこの米津玄師が圧倒的に上。となるとおそらくCDセールスの集計がオリコンと同じ場合、総合2位のRADWIMPSを超えるかは分からないですが少なくともiCONより上にはなりそうです。
 いずれにしてもこの曲は大ヒット、昨年よりも更に数字・評価を上げています。徳島出身のアーティストとしてはアンジェラ・アキ、チャットモンチーに続く存在になっていますね。テレビ出演はしない方針だそうですが、万一Mステとかに出るとなると一気に国民的歌手にまで躍り出そうな、そんな状況になっています。楽曲も年々カッコ良くなっていると同時に、聴きやすさという点でもパワーアップしているのではないでしょうか。

7位 カントリー・ガールズ「どーだっていいの」

 今作はロカビリーをイメージした楽曲。冒頭ギター演奏はPVだとメンバーの一人がギターを弾いているように見えますが、おそらく実際に弾いているわけではないのでしょう。
 15年前の「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」を彷彿とさせるものがありますが、メンバーの平均的な声量は当時のモーニング娘。以上のような気がします。楽曲のカッコ良さに、メンバーの魅力でそれが何倍にも増している感じですね。前作「ブギウギLOVE」も良かったですが、それ以上に初聴のインパクトが強いです。もしかすると今のハロプロで一番実力高いグループではないでしょうか。初動の数字はオリコンだと集計方法の変更もあって落としているようですが、個人的には今後注目していきたいです。ももちの力を持ってすれば、割とスターダムになるのも難しくないようにも感じますが。

10位 清水翔太「My Boo」

 22枚目のシングルになります。海外のヒップホップ色が強いバラードですね。彼が得意とする男性R&B系はプッシュされる割に伸び悩んでる人が多いジャンルの典型ですが、彼の場合やはりデビュー曲「HOME」と加藤ミリヤのコラボでのヒットがやはり大きく有利に働いています。勿論実力があるからこそ今日まで長く活躍しているのは、言うまでもないのですが。セールス要素18位、そして意外にも?Twitter要素が7位という高順位。

11位 氷川きよし「みれん心」

 2月発売ですが、急にオリコン3位・セールス要素6位という形で大幅ランクアップ。追加パッケージが発売されたようです。男性演歌、特にルックスが優れている氷川きよしと山内惠介はこういう形で急なランクアップのアクションが恒例になっていますね。ちなみに今回はカップリング曲違いの3種発売で、リリースイベントや3枚同時購入で特典BOXプレゼントなどがあるようです。彼ほどの人気があるからこそ出来ることなのかもしれませんが、実際のところ演歌もそういう意味では、アイドルやK-POPに近づいているのかもしれません。

12位 UNDEAD「DESTRUCTION ROAD」

 スマホゲーム『あんさんぶるスターズ!』からのユニットソングCD第2弾。このジャンルも乱立しているとともに、プレイできる楽曲が増えるたびにCD発売も当然あるのでやっぱりチャートだと目立ちますね。カッコ良い楽曲です。

15位 上白石萌音「なんでもないや」
 『君の名は。』主人公・宮水三葉役を担当している女優の劇中歌カバー。今月5日にカバーアルバムを出すようですが、この曲も収録されているようです。Twitter反響度3位、実際ニュースでも話題になっているみたいですね。

17位 UNDEAD「DESTRUCTION ROAD」

 スマホゲーム『あんさんぶるスターズ!』からのユニットソングCD第2弾。このジャンルも乱立しているとともに、プレイできる楽曲が増えるたびにCD発売も当然あるのでやっぱりチャートだと目立ちますね。カッコ良い楽曲です。

20位 2wink「ハートプリズム・シンメトリー」

 UNDEADと同じく『あんさんぶるスターズ!』からのユニットソングCD。その割に少し売上・順位に差があるような。こちらは爽やかクール系。なんだか絵柄が男の娘チック。

24位 中田ヤスタカ feat.米津玄師「NANIMONO」

 佐藤健・有村架純・二階堂ふみなど大変豪華な俳優陣が集まっている映画『何者』主題歌。キャストを象徴するかのような音楽の人選、凄いですね。中田ヤスタカサウンドに載せられる米津玄師の声は当然ながら新鮮の一語に尽きます。下から突き上げられるようなスケールの大きい、そんなサウンドは迫力満点。当然のように楽曲の完成度は高くなっています。

28位 DREAMING MONSTER「ジャパニーズフォーシーズン!」

 『夢の続きをもう一度』をテーマにした20歳以上のアイドルだそうです。四季がテーマ、メロディーという基礎をしっかり作り上げた王道アイドルソング。作詞が井上陽水の娘・依布サラサというところに少し驚き。

33位 妄想キャリブレーション「アンバランスアンブレラ」

 前作より数字を上げてオリコンでは初のTOP10入り。打ち込み色の強い編曲と飛び跳ねるシーンが多いPVですが、楽曲は意外とミディアムテンポかつメロディアス。そのギャップで聴かせるナンバー、といったところでしょうか。全体的にはなかなか凝った作りになっているように感じます。

38位 LinQ「ふるさとジャポン」

 今作はなんと『妖怪ウォッチ』エンディングテーマ。過去にない大型タイアップなのですが、残念ながら結果にはほとんど表れていない模様。総打ち込みの陽気な楽曲、Youtubeの紹介文はインパクト抜群的な内容ですが…。悪くはないのですが際立った印象ではない、というのが正直な感想。

44位 Aqua Timez「12月のひまわり」

 メジャー通算19枚目のシングル。岐阜市とタッグした「まだ、はじまったばかりプロジェクト」の中心になっている楽曲は、往年の彼ららしい温かいナンバーに仕上がっています。

65位 I Don't Like Mondays.「Crazy」

 海外のポップスの影響が強い曲ですね。日本語の歌詞がなければ洋楽と間違えそうです。クールなカッコ良さもまた2016年のトレンド。そういえばこのビルボードチャートのレビューで彼らをピックアップするのは3回目。そのたびにラジオオンエアランキングで上位に入っているということですね。この曲も例外なく、今週ラジオ11位。

94位 わーすた「完全なるアイドル」

 SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMに続くiDOL Streetからのデビュー。ですがいきなりゴシックを基調とした王道とは程遠い内容。のっけから猫キャラを前面に出した楽曲はやや評価が分かれそうです。ですが王道アイドルソングを普通に発表するよりは確実にインパクトはありますね。

97位 南壽あさ子「flora」

 今週のラジオオンエア19位。一聴すると声優っぽくも思える、声が魅力の女性シンガーソングライター。何と言いますか、ギター片手のスタイルでないひと昔前の”歌姫系”を感じさせる久々のアーティストという印象が強いです。3年後くらいには映画やアニメの主題歌を多く任せられる存在になりそうな予感。

99位 Nulbarich「NEW ERA」

 今週のラジオオンエア16位。ブラックミュージックをベースとしたスローミュージック的なアーティストの台頭も、2016年のトレンド。

posted by Kersee at 23:03| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。