2017年04月11日

miwa『SPLASH☆WORLD』(2017.2.22)

SPLASH☆WORLD(初回生産限定盤)(DVD付) - miwa
SPLASH☆WORLD(初回生産限定盤)(DVD付) - miwa

SPLASH☆WORLD(通常盤) - miwa
SPLASH☆WORLD(通常盤) - miwa

1.SPLASH ☆
2.結-ゆい-(2016.10.5 Sg.)
3.Princess(2016.6.22 Sg.)
4.夜空。feat.ハジ→(2015.8.19 Sg.)
5.君と100回目の恋
6.アイオクリ
7.シャンランラン(2016.6.22 Sg.)
8.ATTENTION ☆
9.変わらぬ想い with Scott & Rivers ☆
10.泣恋
11.あなたがここにいて抱きしめることができるなら(2015.11.11 Sg.)


 通算5枚目、2年ぶりのリリースとなるmiwaのオリジナルアルバム。

 シングル曲多数、また「君と100回目の恋」「アイオクリ」は先日主演した映画『君と100回目の恋』の劇中およびサントラで使われ収録された楽曲。したがってこのアルバムに収録された純粋な新曲は多くないですが、その分ファン以外でもかなり入りやすいアルバムに仕上がっています。

 タイトルナンバーの「SPLASH」は読んで字の如く、このアルバムの名刺代わりとして作られています。水の効果音、随所に入る"SPLASH!"コール、ギターやストリングスの音やリズムの使い方などなど、活動8年目を迎えたmiwaがこれまで表現していた内容がこの一曲に詰まっている、と言っても過言ではない楽曲ではないでしょうか。

 本来ならラストでも不思議ではない「結-ゆい-」が2曲目。カントリー調の「Princess」にハジ→とのコラボ曲「夜空。feat.ハジ→」、映画で使われたバラード「君と100回目の恋」「アイオクリ」、「君と出会えたから」と共通するサンバ盛り上げ路線の「シャンランラン」。強力なラインナップが並びます。

 「ATTENTION」はデビュー初期以来久々とも感じるクールなロック路線。これまでのアルバムだと1曲目か序盤に位置づけられそうなナンバーですね。「変わらぬ想い」はそれと対照的なバラード。Scott & Riversの楽曲を新たにアレンジした内容で、メンバーの2人もコーラス・プロデュースで深くこの曲に関わっています。「泣恋」もまた、涙の効果音をうまく使ったバラード。そしてラストのシングル曲、「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」で壮大に美しく締めるというのがこのアルバムの大まかな流れになります。

 アルバムの新曲が少ない分、楽曲としてのクオリティは上がっています。むしろシングルとして既に発表された楽曲より今回の新曲の方が個人的にはお気に入り度高いです。全体としては歌唱・編曲ともにかなり成熟したアルバムという印象でしょうか。前作『ONENESS』はシングルが名曲揃いだった分アルバムの新曲がもう少し…という感想だったので、そういう意味では真逆のアルバムとも言えます。ですが安心して聴ける一枚、というのは共通していますね。それにしても、最近は映画出演のプロモーションで女性方面からやけに叩かれているという記事が目立ちます。誰とでも仲良くなれる明るさは昔からの天性なので、今さら記事にする必要もないような気がしてなりませんが…。ですのでそのまま今後も歌手として、あらためて活躍を期待したいです(映画は逆効果になった以上、正直今後はどちらでもいいのではないかと…)。



posted by Kersee at 01:21| Comment(0) | アルバムレビュー(女性J-POP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。