2018年02月27日

WANIMA『Everybody!!』(2018.1.17)

【早期購入特典あり】Everybody!!(オンライン限定ステッカー付き) - WANIMA
【早期購入特典あり】Everybody!!(オンライン限定ステッカー付き) - WANIMA

Everybody!!(180g重量盤/2LP) [Analog] - WANIMA
Everybody!!(180g重量盤/2LP) [Analog] - WANIMA

1.JUICE UP!!のテーマ ☆
2.OLE!!
3.シグナル ☆
4.CHEEKY
5.ヒューマン(2017.10.26 配信Sg.)
6.花火
7.サブマリン ☆
8.CHARM(2017.5.17 Sg.「Gotta Go!!」)
9.ANCHOR
10.やってみよう(2017.3.8 配信Sg.)
11.エム
12.SNOW
13.ともに(2016.8.3 Sg.「JUICE UP!!」)
14.Everybody!!


 名実ともに日本を代表するロックバンドとなったWANIMAのメジャー1stアルバム。既にメジャーデビュー以前の2016年時点で大人気ではありましたが、当時はPIZZA OF DEATHなので一応インディーズというわけです。


 非常に聴きやすく分かりやすいアルバムに仕上がっています。2分に満たない「JUICE UP!!のテーマ」「OLE!!」は祭りの始まりをイメージしているかのような。それに続く「シグナル」は早くも2018年最上位に入ること間違い無しの超名曲。聴く人を鼓舞してくれるような歌詞が素晴らしいのは勿論ですが、一つ一つの言葉を非常に明瞭に歌うKENTAのボーカルが最高ですね。中高生には勿論、その年代を経験したその上の全ての世代に通用する2010年代を代表するナンバーと言って良いでしょう。


 レゲエな雰囲気で始まる「CHEEKY」は今までのWANIMAにあまりないタイプの楽曲。それでありながらWANIMAらしいとも思えるのが高ポイント。「ヒューマン」はCX系ドラマ『刑事ゆがみ』主題歌として先行配信された楽曲、この曲も歌詞・メロディーともに優れてます。「花火」「サブマリン」、中盤に位置された楽曲は最初の祭りの終わりと新しい祭りの始まりをそれぞれイメージしているような印象ですね。マイナー調を巧く使っているのが耳に残ります。


 昨年のシングルに収録された「CHARM」を経て、「ANCHOR」も曲の作りに技巧を感じさせる楽曲。「やってみよう」はお馴染みauのCMで使われた「ピクニック」のカバー、大変分かりやすいです。「エム」はBPM速めに聴かせる楽曲、ドラムの演奏が特にテンションを高めてくれます。


 最初がおとなしくてもすぐにバンド演奏全開になるのがWANIMAの音楽ですが、「SNOW」は終始ゆっくりなテンポのバラード。クリスマスをイメージした楽曲はWANIMAの新境地とも言えるでしょうか。あとは紅白歌合戦でも歌われた「ともに」と、タイトルナンバーの「Everybody!!」。ラストはそのまままた1曲目に繋げるようなイメージの2分足らずの短い曲になっています。

 14曲収録ですが収録時間は46分ほどでかなり短め。おおよそWANIMAのイメージ通りの快活な作品で期待を裏切らない内容ですが、中盤のアルバム曲ではシングル曲とまた違うアプローチがあります。所謂ジャンルのトップに立つアーティストに相応しい本来の持ち味をふんだんに出した王道作品、と言って然るべきでしょうか。良いと思います。ロックファンには勿論、それ以外の普通の音楽ファンだけでなく普段こういった音楽を聴かない人々も含めて、多くから愛されるべき作品と言って差し支えないのではないでしょうか。



posted by Kersee at 23:49| Comment(0) | アルバムレビュー(J-ROCK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。