2018年04月09日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年4月9日付

1位 米津玄師「Lemon」

 今週も1位。2位に3倍近くのポイント差をつけて圧倒的な強さを見せています。ドラマが終わっても楽曲のヒットは留まることを知りません。まだ当分は間違いなく上位にランクインすることでしょう。

3位 BiSH「PAiNT it BLACK」

 さらなる躍進が期待されるBiSH今年初の楽曲は、オリコンCDシングルランキングでついに1位を獲得。ストレートな歌声とバンドサウンドが響き渡る、これぞまさしくロックと言わんばかりの名曲に仕上がっています。ただYoutubeのコメント欄を見る限りPVの評判は…。

6位 こぶしファクトリー「これからだ!」

 タイトルが表す通りの応援ソング。一つ一つの言葉を力強く歌っているのが印象的。

18位 久保田利伸「You Go Lady」

 コーセーCMソング。デビューして30年超えるキャリアですが、高値安定安心保証のクオリティー。30年前の映像・楽曲と比べてここまで老けないと感じさせないアーティストも滅多にいないですね。凄いです。

19位 山内惠介「さらせ冬の嵐」

 ジャンルは一応演歌なのですが、この人の場合はこうやってショートのPVが公開されていたりSpotifyでもしっかり配信していたりで演歌好き以外にもしっかりアピールしている印象があります。リリース時期を考えると季節外れ甚だしいですが、紅白歌合戦で歌う頃にはきっとピッタリになるのでしょう。

27位 サカナクション「陽炎」

 映画『曇天に笑う』主題歌ということで、映画公式ダンスPVが公開されました。楽曲はベストアルバム『魚図鑑』に収録されてます。こう見ると思いっきり70's〜80'sに流行ったダンスクラブミュージック。ジンギスカンとかアラベスクとかをつい思い出します。

30位 転校少女歌撃団「ショコラの独白」

 ここ数年の女性アイドルグループの傾向を見る限り、結局出てくるのは歌唱力高い人が目立つグループですね。まねきケチャ辺りがその典型ですが。そういう意味では歌い出しで魅せてくれる彼女たちは確かにあり。メロディーも生半可な歌唱力では歌えない内容で、アーティスト的な実力はかなりあると見て良いように思います。ちなみにオリコンでは2万枚近い売上で5位でした。

98位 東京CuteCute「SUGAR」

 OTODAMA RECORDSからのリリース。むろんかわいい子が集まったアイドルグループですが、楽曲は案外正統派。そこそこに聴かせるナンバーになっています。
posted by Kersee at 21:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。