2018年09月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年9月24日付

1位 NEWS「「生きろ」」
 加藤シゲアキ主演のNTV系ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』主題歌。世間一般の評価がどうあれ、ファンの支持はまだまだ健在ということがチャートの結果を見てもよく分かる、といったところでしょうか。CDセールスだけでなく、ツイート数1位というのがその証拠。

2位 BOYS AND MEN「炎・天下奪取」

 スポ根かつ無駄にセクシーなPV。楽曲は関西系ジャニーズでも有り得そうですが、PVに関しては他の男性アイドルグループではあまりやらなさそうですね。女性ファンの支持はまた増える可能性ありそうです。CDセールスは10万枚超えるのが当たり前になっていますが、本当にもうちょっと世間に知られてもいいのではないでしょうか。せめて20年前のDA PUMP並には。

6位 西野カナ「Bedtime Story」

 「トリセツ」の主題歌は映画『ヒロイン失格』でした。今回のタイアップはそれと同じチームが制作した映画『3D彼女 リアルガール』、というわけで楽曲もここ最近の物足りなさを払拭するような新鮮さ。歌い出しの歌詞といいサビへの展開といい、まだこんな引き出しがあったのかと驚いてしまいました。さすがに「トリセツ」ほどではないにせよ、話題になる可能性はかなり高いのではないでしょうか。

7位 TWICE「BDZ」

 日本1stアルバム『BDZ』リードナンバー。今週発売ということで取り上げましたが、ランクインはもうずっと前から。Youtubeでは既に2000万以上の再生回数になっています。リズムの使い方が聴いてて心地よく、サビの動きが見てて面白く動かしても楽しく。ポップの楽しさを象徴する名曲に仕上がっているのではないでしょうか。

13位 GANG PARADE「CAN'T STOP」

 ジャンルとしては一応アイドルなんですが、全くそう見えない&聴こえないのがWACK勢の特徴。打ち込みメインですが厚味を感じさせる音や、メッセージ性主体の歌詞にクールな雰囲気は、まさに彼女たちらしいナンバーと言って良いのではないでしょうか。

18位 虹のコンキスタドール「ずっとサマーで恋してる」

 リリース時期がえらく遅いですが、レコーディング&PV撮影を夏真っ盛りに合わせたのでしょうか。サビにインパクトあって盛り上がる、アイドルソングらしいアイドルソングです。

27位 ももいろクローバーZ「あんた飛ばしすぎ!!」

 配信限定シングル。ロックバンド・GARLIC BOYSが1996年に発表した曲をリメイク。すごい所を選曲したというのが素直な感想。ちなみにももクロは先日氣志團万博に出演、この曲も当然演奏して大変盛り上がったそうです。

29位 崎山つばさ「Crescent Moon」

 1990年代後半のヴィジュアル系っぽい雰囲気の楽曲ですが、歌声が大変渋いです。ルックスは当然カッコ良く、色々な意味でギャップ萌えといったところ。

65位 PassCode「Tonight」

 良い意味で高値安定という感じになってきました。こちらもそろそろ固定ファン以外に、もっと知られるべき段階。

89位 PENGUIN RESEARCH「WILD BLUE」

 歌声もそうですが、それ以上にギターの音が聴く側の気持ちを昂ぶらせます。熱いロックソング。
posted by Kersee at 05:49| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。