2019年04月30日

平成回顧〜平成29年マイベスト30

〜主な出来事(世相)〜
・天皇陛下の退位日、新元号の施行日を決定
・将棋界が大きな注目を集める
・北朝鮮がミサイル発射実験や核実験を強行
・森友学園問題
・御嶽山噴火
・九州北部で甚大な豪雨災害

〜主な出来事(音楽・エンタメ)〜
・安室奈美恵が来年での引退発表
・元SMAP3人が新しい地図を結成
・いきものがかりが無期限活動休止を発表
・E-girlsがメンバー整理
・AKB48握手会襲撃事件
・道重さゆみがモーニング娘。卒業
・死去→松野莉奈、かまやつひろし、ペギー葉山、平尾昌晃、船村徹
・解散→デューク・エイセス、℃-ute
・デビュー→NGT48、=LOVE

1.明日も/SHISHAMO
2.YELL/私立恵比寿中学
3.なないろ/私立恵比寿中学
4.僕らはここにいる/ベイビーレイズJAPAN
5.Catch the moment/LiSA
6.愛は光/Negicco
7.TOKYO GIRL/Perfume
8.BYE BYE/SHISHAMO
9.感情電車/私立恵比寿中学
10.ハッピーウェディング前ソング/ヤバイTシャツ屋さん
11.N.E.O./CHAI
12.春の嵐/私立恵比寿中学
13.My landscape/BiSH
14.プロミスザスター/BiSH
15.journey/赤い公園
16.ともだちがいない!/Negicco
17.インフルエンサー/乃木坂46
18.紅の詩/私立恵比寿中学
19.カメレオン/赤い公園
20.フジヤマディスコ/SILENT SIREN
21.君はロックを聴かない/あいみょん
22.ステップアップLOVE/DAOKO×岡村靖幸
23.If you wanna/Perfume
24.風に吹かれても/欅坂46
25.音楽室は秘密基地/SHISHAMO
26.HOT UP!!!/私立恵比寿中学
27.若い広場/桑田佳祐
28.きっとあの漫画のせい/SHISHAMO
29.ノンフィクション/平井 堅
30.打上花火/DAOKO×米津玄師


 この年はズバリ言うと私立恵比寿中学とSHISHAMO、個人的にはこの2組に尽きる年。

 SHISHAMOはNTTドコモCMに起用された「明日も」が完璧な出来。21世紀だけでなく、平成単位でも10本の指に入るくらいの内容。その後のシングル「BYE BYE」やアルバムに収録された「音楽室は秘密基地」「魔法のように」など、相当完成度の高い曲が集中していました。

 私立恵比寿中学はこの年メンバー・松野莉奈が急逝。これ以上ないほどにショッキングなニュースで、正直グループの存続もどうなるかといったところでしたが、1ヶ月ほどを経て活動再開。発表されたアルバム『エビクラシー』は収録曲全てが新曲かつ名曲、さらにその後にリリースされた「HOT UP!!!」「YELL」や「シンガロン・シンガソン」も極めて完成度の高い作品。楽曲に込められたエピソードも多く、何よりライブで見ていても一人ひとりの個性・実力が本当に伸びたと強く感じた一年でした。Negiccoとのコラボライブきっかけにファンクラブにも入りましたが、入会当時この年がエビ中にとってここまで波乱万丈な一年になるとは全く想像できなかったです。

 他のトピックはアイドルだとBiSHの大躍進、ガールズバンドは赤い公園・ボーカル佐藤千明の脱退とCHAIの台頭、あとはDAOKOのコラボ作が大きな話題になったことくらいでしょうか。桑田佳祐の朝ドラ主題歌も素晴らしい出来でした。他にも色々ありますが、書くとしたらこれくらいでしょうか。トピックが少ないというよりは、一点に集中しまくった一年のような気がします。



posted by Kersee at 20:40| Comment(0) | 平成マイベスト30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。