2018年07月15日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年7月16日付

1位 SKE48「いきなりパンチライン」

 SKE48通算23枚目のシングルは情熱の赤。総選挙で松井珠理奈・須田亜香里が1位2位フィニッシュで勿論センターは珠理奈さん。ただ本番前後から体調不良でそのまま活動休止、なかなか上手いこといきません。大人の香りも感じさせる良い曲ですが、48関係なくてもこのタイトルなら秋元氏が作ったのだろうと色々納得できる作品でもあります。

続きを読む
posted by Kersee at 23:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年7月9日付

1位 NEWS「BLUE」
 4年前の「ONE -for the win-」に引き続き、NTV系サッカー中継のテーマソング。メンバーにスキャンダルがここ最近連発していますが、それでも15万枚以上CDが売れるのはファンの熱さ・結束力でしょうか。結構なことだと思います。

続きを読む
posted by Kersee at 13:23| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年7月2日付

1位 GOT7「THE New Era」

 今週はリリースに関して言うとあまり目玉のない週。セールスは総合2位の作品に及びませんが、CDリッピングとTwitterの差で総合チャートではこちらが接戦で逆転するという形。カッコ良さとワイルド性を備えた、最近のK-POPらしいナンバーに仕上がっています。

続きを読む
posted by Kersee at 15:00| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年6月25日付

1位 モーニング娘。'18「Are you Happy?」

 メジャーデビュー20周年を迎えたモーニング娘。が今週の1位。メンバーはデビュー当時と全く違いますが、背負う看板は20年経ってもキラリ輝いているようです。ただ曲調は全盛期とかなり異なっていて、今作はカッコ良く洗練されたEDM系。最近のトレンドを取り入れた楽曲のようにも聴こえます。ここ数年は必ずしもつんくが作詞作曲しているわけではないのですが、この曲は一応つんくの作詞作曲。こういう引き出しも存在しているのだなと、少し感心させられるナンバーでもありますね。

続きを読む
posted by Kersee at 22:22| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年6月18日付

1位 Sexy Zone「イノセントデイズ」
 メンバーの佐藤勝利が出演しているNTV系ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』挿入歌。NTVとジャニーズの関係は昔からで、特に土曜日22時かつては21時からのドラマは四半世紀くらいほぼジャニーズ枠みたいなものです。通算15枚目、CDデビューからはもう8年目になりました。ちなみに今回のCDシングルはここ3年くらいの間で一番数字が良いですが、何かあったのでしょうか。特典を手にしたいファンは3種購入が大前提ですが、前作も3種発売で熱心なファンは間違いなく3枚買っているはずで…。

続きを読む
posted by Kersee at 13:54| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年6月11日付

1位 AKB48「Teacher Teacher」

 今作は打ち込み全開トランス系。K-POPっぽいという声もありそうですが、AKB48としてはこれまた案外シングル表題曲で採用していないような内容。もうインディーズ含めるとCDシングルは54枚目なんですね。早いものです。ちなみにCDを購入された方に来週ナゴヤドーム開催の総選挙投票券がついてくるのも例年通りですが、やはりメジャーな人が去って後進の有名どころが出てこないと注目度はもう一つ。今年はAKB総選挙とサッカーワールドカップ、どちらも同時期に開催されますが今ひとつ盛り上がりに欠ける部分も共通しているような…。

続きを読む
posted by Kersee at 12:49| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年6月4日付

1位 King&Prince「シンデレラガール」
 ここ最近ジャニーズ事務所に対する風当たりが強くなりつつありますが、それでもデビューシングルでCD売上50万枚以上を記録する辺りまだまだ事務所・ファンの力が強いことをよく示しています。メンバーの平野紫耀が主要キャストで出演しているTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』主題歌、発売記念イベント開催などで宣伝にかける費用もかなりのもの。ダウンロードやストリーミング未解禁、売上の数字は多種発売による側面も強いですが一先ずは十分の結果が出たと言えるでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 21:13| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年5月28日付

1位 TWICE「Wake Me Up」

 今作も堂々の一位。CDリリース週に1位獲得は今のTWICEの勢いを考えれば当然ですが、彼女たちはYoutube公開の時点で高い順位にランクインしていますね。目まぐるしく変わるパート割りと爽快なサウンド、見ていて聴いていて気持ち良くなる一曲です。日本では「Wake Me Up」、韓国では「What is Love?」。前者だけでなく、後者もYoutube再生数メインにビルボードチャートで高い順位で推移しています。

続きを読む
posted by Kersee at 19:46| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年5月21日付

1位 BOYS AND MEN「進化理論」

 アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』主題歌。勢いのあるダンスナンバーは、確実に盛り上がる楽曲になっています。目新しいというわけではないですが、”ガンガンズダンダン”と歌うサビは十分なインパクトで間違いない内容ではありますね。知名度・数字は確実に少しずつ伸びてきていますが、世間的なブレイクまではもう少し。誰もが見て認識できるメンバーが1人出来れば、一気にMステどころか紅白出場まで手が届く可能性も出てきそうですが…。


続きを読む
posted by Kersee at 11:16| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年5月14日付

1位 HKT48「早送りカレンダー」

 通算11枚目のシングルは、いわゆる48系らしいをイメージしたような賑やかなアイドルソング。センターは田中美久・矢吹奈子の2人でいわゆる”なこみく”と言われている2001年生まれのコンビ。デビュー初期は指原莉乃を筆頭に宮脇咲良・兒玉遥のツートップというイメージでしたが、こちらのエースも世代交代の流れに入っているということでしょうか。手堅いながらも変化を感じさせる、そんな作品のような気がします。

続きを読む
posted by Kersee at 12:39| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする