2017年08月18日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月21日付

1位 乃木坂46「逃げ水」

 乃木坂46の中では3期生、新しいメンバーとなる大園桃子と与田祐希がセンターポジションを務める新曲。白石・西野・松村・生駒・秋元・桜井などまだまだ正規メンバーで活躍している1期生も多いですが、卒業するメンバーもチラホラ出始めている現況。そういう意味では先を見据えた編成と言えるのでしょうか。楽曲は夏をテーマにしていますが、いわゆる夏・水着系とは一線を画するメロディアスに聴かせる内容。打ち込み全開の編曲ですが、そこに風流という要素を混ぜたような。良いのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 23:40| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月14日付

1位 HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」

 先週末はTOKYO IDOL FESTIVALお疲れ様でした。チェアマンの指原莉乃もそうですが、現場ではむしろ各コーナーで進行を担当した矢吹奈子の印象の方が大きかったのではないかと思います。個人的に今年は参戦しませんでしたが、来年は出来ればまた1日だけでも足を運べればと考えているところですが。さてHKT48もメジャーデビュー5年目、10枚目のシングルとなりました。今回は思春期の女の子ならではの気持ちを表現した正統派アイドルソング。際立った個性と言うよりテーマに即した完成度を高めたような作品と言えるでしょうか。これもアイドルの表現の形の一つ、良い内容に仕上がっています。

続きを読む
posted by Kersee at 00:17| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年8月7日付

1位 Mr.Children「himawari」


 今年2枚目のシングルは映画『君の膵臓を食べたい』主題歌。年々配信がメインになっているミスチルにとって、年内2枚のシングルをリリースは「GIFT」「HANABI」以来9年ぶり。映画の主演は浜辺美波・北村匠海の2人でかなりの若手、ですが興行収入は初登場3位ランクインで『東京喰種』を上回っているようです。メロディーの良さはアレンジ次第では王道バラードになりますが、情熱的な歌声はロック色強めのバンド演奏に拠る部分もあるでしょうか。いずれにしても、2010年代後半のミスチルの代表曲として十二分に通用する内容。メジャーデビュー25年目となる大ベテランですが、25年後でも全く変わらず新曲で1位を取るくらいヒットして、普通にドームツアーしていそうな…。

続きを読む
posted by Kersee at 21:03| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年7月31日付

1位 SKE48「意外にマンゴー」

 21枚目のシングルはこれぞまさしくアイドルの夏!的なPV。「ごめんね、SUMMER」「パレオはエメラルド」「アイシテラブル!」的な楽曲をてっきり想像しましたが、Aメロのリズムなど意外と捻った部分もあります。サビで一気に押すかと思ったらこれまた意外に聴かせるメロディーだったり、とにかくこの曲は”意外”をテーマにして作った形なのでしょうか。1コーラスだけなので何とも言えませんが、結論を言うとやはり”意外によく出来ている曲”ということになりそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 22:08| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年7月24日付

1位 KinKi Kids「The Red Light」
 CDデビュー20周年、それ以前からテレビ番組やライブで歌は披露していますが2017年はKinKi Kidsにとって記念すべき年。ただ今の今まで1位を取り続けているとは20年前に想像していませんでした。通算38枚目のシングルは久保田利伸が作詞作曲、キンキに向けて書いたのは14年ぶり。ジャニーズへの楽曲提供は田原俊彦の「華麗なる賭け」が最初なので、こちらも相当長い関係になっています。

続きを読む
posted by Kersee at 22:01| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年7月17日付

1位 Hey!Say!JUMP「Precious Girl」
 デビュー10周年を飾る20枚目のシングル。もうすっかりベテランです。根強い人気は相変わらず健在。ちなみにシングルは両A面で、もう一つの「Are You There?」はA.Y.T.名義、有岡大貴・八乙女光・高木雄也3人ユニットの楽曲なのだそう。

続きを読む
posted by Kersee at 23:40| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年7月10日付

1位 嵐「つなぐ」
 6月最終週、今年上半期ラストの1位は嵐。大野智主演映画『忍びの国』主題歌。アルバムも今週は関ジャニ∞『ジャム』が大きな話題になった上で1位、ジャニーズが締める形になりました。映画興行収入ランキングでは初登場2位で悪くないスタート。ただオリコン初動枚数は前作「I'll be there」に続けて39万枚、高水準であるとは言えやはり以前と比べると少し勢いが落ちているような気もします。昨年の紅白歌合戦では初の大トリでしたが、その実メドレーで選ばれた楽曲は2016年の曲ではありませんでした。考えてみればメンバーも30代、結婚などの噂もチラホラ出ています。活躍は勿論まだまだ続くと思いますが、2010年代前半ほどの勢いとなると今後はどうでしょうか…。

続きを読む
posted by Kersee at 22:51| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年7月3日付

1位 米津玄師「ピースサイン」

 接戦の末、セールスで優位に立つジャニーズWESTをラジオ・動画でかわして1位獲得。ハチという名前で同人音楽界に現れて以来8年間、今日まで絶えずファンの数を伸ばしています。全国ツアーはもうホールの一番広い会場がメインのクラス、アリーナ単独公演も見えてきました。
 今作はアニメ『僕のヒーローアカデミア』OPテーマ。これまでの彼の作品の中で一番キャッチーで、王道J-POPでしょうか。クセがなく聴きやすいサウンド、でも歌詞は誰しもが直面している人間の苦悩を感じさせるような。良い曲です。個人的にはサビ7小節目辺りの音が特に好きですね。

続きを読む
posted by Kersee at 23:33| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年6月26日付

1位 B'z「声明」

 配信のリリースも主流になった中、今回のB'zは2年ぶりのCDシングル。「太陽のKomachi Angel」で初めてオリコン1位を獲得したのは27年前、いまやついに2人も50代半ば。それでも未だに、ステージの凄さだけでなく新曲を出すたびに1位を継続する現役っぷり。凄まじいことです。もっとも今作に収録されている他の曲は「Still Alive」「世界はあなたの色になる」「フキアレナサイ」、いずれも昨年〜今年にかけての大型タイアップソング。「声明」1曲というよりミニアルバムとして評価した方がいいのかもしれません。楽曲はB'zらしいハードロックですが、アニメーションのPVは過去にないもので新鮮。

続きを読む
posted by Kersee at 20:47| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年6月19日付

1位 Kis-My-Ft2「PICK IT UP」
 通算19枚目のシングルが1位獲得。オリコンだとデビュー以来ずっと連続ですが、上にはまだKinKi Kidsという偉大な先輩がいます。NEWSやKAT-TUN、Hey!Say!JUMPも継続中ですね。そういう意味だとキスマイはまだまだと言ったところでしょうか。メンバーの藤ヶ谷太輔主演のドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』主題歌。CX日曜9時という時間帯は裏にTBSがあります。視聴率はやはり厳しいみたいで…。

続きを読む
posted by Kersee at 00:53| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする