2016年10月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月3日付

1位 RADWIMPS「前前前世」

 13週目のランクインでついに総合1位を獲得。これまではAKB48や嵐など、CDセールスが圧倒的なアーティストに1位を譲る形でしたが今回はそういう存在なし、ですので自然に首位獲得という結果になるわけです。この曲はCDセールスの集計ゼロですが(CD音源自体はアルバムで手に入りはしますが)、それでセールス要素1位。Twitter、Youtubeでも1位。既に映画は完全に国民的ヒットと化していますが、楽曲に関しても完全に同様。もうRADWIMPSといえばこの曲、という域にまで達しているのではないでしょうか。「なんでもないや」「スパークル」「夢灯籠」も同時に上位ランクイン、ここ数週は完全に彼らがビルボードチャートを席巻しています。

続きを読む
posted by Kersee at 01:01| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年9月26日付

1位 嵐「Power of the Paradise」
 NTV系のリオ五輪中継テーマソングということですが、だとすると発売が遅すぎるような…。勿論オリコンもビルボードも堂々の1位ですが、オリコンでの売上枚数42万枚は昨年の3枚のシングル初動と比べると僅かに少なめ。誤差の範囲内だとは思いますが…。嵐もデビュー18年目でメンバーは全員30代突入、なんだかんだで後輩の台頭も目立っています。SMAP解散後はまさにジャニーズを文字通り牽引する形になるかと思いますが、それだけに大変な面も今後はありそうですね。

続きを読む
posted by Kersee at 00:25| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年9月19日付

1位 HKT48「最高かよ」

 今作が8枚目のシングル。思いっきり盛り上がる楽曲に仕上がっています。”タイガー!ファイヤー!(以下略)”はアイドルライブにおけるコールの定番中の定番ですが、曲にそのままコーラスで入っているのは考えてみると記憶に全くありません。そういう意味では妙に新鮮な楽曲ですね。今作も勿論1位、オリコンでは30万枚近く売り上げてます。ただCDリッピングが1位でない辺り、曲の認知に関してはもう少しといったところでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 01:20| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年9月12日付

1位 AKB48「LOVE TRIP」
29位 AKB48「しあわせを分けなさい」



 いつも通りの1位獲得。相変わらずオリコンでは初動ミリオン、売れています。今回は史上初2年連続総選挙1位になった指原莉乃センター。「君はメロディー」「翼はいらない」と今年の2作は70's路線でしたが、今回は全盛期のAKB48らしい迫力あるアイドルポップス。”告白”をテーマにした歌詞は、PVでも全面的に押し出されています。また今回のシングルは珍しく両A面仕様になっていて、「しあわせを分けなさい」は箭内道彦作曲のウエディングバラード。選抜メンバーは両曲同様のようです。シングルも45枚目となると、聴き慣れている前者より後者の方が個人的に言うとちょっと新鮮に聴こえますね。

続きを読む
posted by Kersee at 01:36| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年9月5日付

1位 Kis-My-Ft2「Sha la la☆Summer Time」
 通算17枚目のシングル。デビュー以来ずっとオリコン1位を獲得し続けていますが、今回は対抗馬が本気で奪還を狙いにきたのでファンの力でなんとか、といったところ。実際デイリーランキングの初日は2位スタートだったようです。したがって初動枚数はいつもより高め。ジャニーズのファンからは対抗馬の売り方に批判もあったようですが、そういう売り方の発端の元を辿ると確実にジャニーズに辿り着くというのは間違いない事実でして…。Twitterでの呼びかけもあったので、売上・CDリッピングだけでなくそちらの反響度も1位でした。

続きを読む
posted by Kersee at 01:48| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月29日付

1位 SKE48「金の愛、銀の愛」

 通算20枚目のシングルは1コーラスを聴く限りシリアス系。「不器用太陽」みたいに最初と最後で全く雰囲気が違う曲もありますが、今作に関してはどうなのでしょうか。松井珠理奈主演の深夜ドラマ『死幣-DEATH CASH-』主題歌、したがってセンターも彼女が務める形。乃木坂46や欅坂46辺りだとセールス以外の要素も上位ですが、この作品はCDセールス1位(オリコン初動約25万枚)ながらも他要素は20位前後(Twitterは7位)、レコチョクも週間20位。多くのファンが存在する以上枚数はそれなりに出ていますが、世間への浸透はやはり年々狭くなっています。メンバー入れ替えも多いので単純には比較しにくいですが、「強き者よ」がもう7年前ですからね…。

続きを読む
posted by Kersee at 16:15| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月22日付

1位 欅坂46「世界には愛しかない」

 デビュー曲「サイレントマジョリティー」に続いて、2作連続の1位獲得。オリコン計上の初動は26万枚から32万枚にアップ。この後ロングセラーを記録するかどうかは分かりませんが、おそらく当分少しずつ売上は上昇していくものと思われます。ポエトリーリーディングで構成されるAメロ、疾走感と美しさが見事に表現されているメロディーとPV。個人的には「サイレントマジョリティー」以上の傑作と言い切りたいくらいですね。AKB48から始まった秋元康プロジェクト、一番最初の「桜の花びらたち」から10年になりますが、その中で考えても五本の指に入る完成度になるかもしれません。セールスだけでなくCDリッピングも1位。CDだけでなくダウンロードでもレコチョク週間4位のヒット。Twitter3位は上2つを考えると、実質1位です。

続きを読む
posted by Kersee at 00:23| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月15日付

1位 NMB48「僕はいない」

 みるきーこと渡辺美優紀のラストシングル。以前は山本彩と一緒にダブルセンターと言われるくらいに活躍した彼女ですが、ここ最近は大きく差をつけられてしまいました。メンバーの卒業を大々的にフューチャーしたシングルは山田菜々ラストの「Don't look back!」以来になるでしょうか。やっぱりどうしても、どこか感傷的な気持ちになってしまいますね。NMB48も今年でCDデビュー6年目。活動期間も少しずつ長くなってきました。AKB48やSKE48がそうであるように、メンバー入れ替えの波は今後更に激しくなりそうです。



続きを読む
posted by Kersee at 01:14| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月8日付

1位 乃木坂46「裸足でSummer」

 聴かせる楽曲のイメージが強い乃木坂46ですが、毎年出ている彼女たちの夏歌は基本盛り上げ系。「ガールズルール」「夏のFree&Easy」「太陽ノック」、そして今回もそれに続く形。トランスの音を入れた打ち込みサウンドで盛り上げる内容。ただイントロから曲中ずっと入る"Hey!"の連発は、昨年テレビで非常によく見た乃木坂46と対極に位置する某芸人を思い出して仕方ないのですが…。セールス・CDリッピングはともに堂々の1位。オリコンでの売上は約72万枚、2位とは6倍の差をつけたブッチギリです。

続きを読む
posted by Kersee at 12:56| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月1日付

1位 KinKi Kids「薔薇と太陽」
 KinKi Kidsが「硝子の少年」でデビューするや否や国民的ヒットになったのが1997年、19年も前のこと。当時の中学生は現在アラサー、当時の20歳半ばは現在アラフォー。ここ最近の音楽活動を考えると10代〜20代のファンが増える要素があまりないのですが、それでいていまだにオリコン公称で約20万枚CDを売り上げる。凄いことだと思います。余程定着率が高いのか、ファンの母親が子どもにも買わせているのでしょうか。よく分からないですが。ただ今回は復活したばかりのTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉が楽曲提供、編曲に船山基紀を起用。ここ最近の中でも極めて楽曲の評価が高いようです。…いい加減ジャニーズも少しはネット使った方がいいんじゃないでしょうか。コンサートもインターネットでは買えないとか…もっともファンクラブ会員でドームのワンマンが軽く埋まるほどの集客なのでそちらはさして問題なさそうですが。

続きを読む
posted by Kersee at 01:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする