2016年08月27日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月29日付

1位 SKE48「金の愛、銀の愛」

 通算20枚目のシングルは1コーラスを聴く限りシリアス系。「不器用太陽」みたいに最初と最後で全く雰囲気が違う曲もありますが、今作に関してはどうなのでしょうか。松井珠理奈主演の深夜ドラマ『死幣-DEATH CASH-』主題歌、したがってセンターも彼女が務める形。乃木坂46や欅坂46辺りだとセールス以外の要素も上位ですが、この作品はCDセールス1位(オリコン初動約25万枚)ながらも他要素は20位前後(Twitterは7位)、レコチョクも週間20位。多くのファンが存在する以上枚数はそれなりに出ていますが、世間への浸透はやはり年々狭くなっています。メンバー入れ替えも多いので単純には比較しにくいですが、「強き者よ」がもう7年前ですからね…。

続きを読む
posted by Kersee at 16:15| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月22日付

1位 欅坂46「世界には愛しかない」

 デビュー曲「サイレントマジョリティー」に続いて、2作連続の1位獲得。オリコン計上の初動は26万枚から32万枚にアップ。この後ロングセラーを記録するかどうかは分かりませんが、おそらく当分少しずつ売上は上昇していくものと思われます。ポエトリーリーディングで構成されるAメロ、疾走感と美しさが見事に表現されているメロディーとPV。個人的には「サイレントマジョリティー」以上の傑作と言い切りたいくらいですね。AKB48から始まった秋元康プロジェクト、一番最初の「桜の花びらたち」から10年になりますが、その中で考えても五本の指に入る完成度になるかもしれません。セールスだけでなくCDリッピングも1位。CDだけでなくダウンロードでもレコチョク週間4位のヒット。Twitter3位は上2つを考えると、実質1位です。

続きを読む
posted by Kersee at 00:23| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月15日付

1位 NMB48「僕はいない」

 みるきーこと渡辺美優紀のラストシングル。以前は山本彩と一緒にダブルセンターと言われるくらいに活躍した彼女ですが、ここ最近は大きく差をつけられてしまいました。メンバーの卒業を大々的にフューチャーしたシングルは山田菜々ラストの「Don't look back!」以来になるでしょうか。やっぱりどうしても、どこか感傷的な気持ちになってしまいますね。NMB48も今年でCDデビュー6年目。活動期間も少しずつ長くなってきました。AKB48やSKE48がそうであるように、メンバー入れ替えの波は今後更に激しくなりそうです。



続きを読む
posted by Kersee at 01:14| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月8日付

1位 乃木坂46「裸足でSummer」

 聴かせる楽曲のイメージが強い乃木坂46ですが、毎年出ている彼女たちの夏歌は基本盛り上げ系。「ガールズルール」「夏のFree&Easy」「太陽ノック」、そして今回もそれに続く形。トランスの音を入れた打ち込みサウンドで盛り上げる内容。ただイントロから曲中ずっと入る"Hey!"の連発は、昨年テレビで非常によく見た乃木坂46と対極に位置する某芸人を思い出して仕方ないのですが…。セールス・CDリッピングはともに堂々の1位。オリコンでの売上は約72万枚、2位とは6倍の差をつけたブッチギリです。

続きを読む
posted by Kersee at 12:56| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年8月1日付

1位 KinKi Kids「薔薇と太陽」
 KinKi Kidsが「硝子の少年」でデビューするや否や国民的ヒットになったのが1997年、19年も前のこと。当時の中学生は現在アラサー、当時の20歳半ばは現在アラフォー。ここ最近の音楽活動を考えると10代〜20代のファンが増える要素があまりないのですが、それでいていまだにオリコン公称で約20万枚CDを売り上げる。凄いことだと思います。余程定着率が高いのか、ファンの母親が子どもにも買わせているのでしょうか。よく分からないですが。ただ今回は復活したばかりのTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉が楽曲提供、編曲に船山基紀を起用。ここ最近の中でも極めて楽曲の評価が高いようです。…いい加減ジャニーズも少しはネット使った方がいいんじゃないでしょうか。コンサートもインターネットでは買えないとか…もっともファンクラブ会員でドームのワンマンが軽く埋まるほどの集客なのでそちらはさして問題なさそうですが。

続きを読む
posted by Kersee at 01:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月25日付

1位 NEWS「恋を知らない君へ」
 メンバーである加藤シゲアキも出演するNTV系土9ドラマ『時をかける少女』エンディングテーマ。このドラマは五輪の兼ね合いもあって、異例の全5回放送らしいです。このシリーズは実写映画3回・アニメ映画1回・テレビドラマ化は今回で5回目だそうです。ちなみに筒井康隆が書いた原作の初版は50年近く前のこと。これだけリメイクされる作品も滅多にないのではないでしょうか。NEWSにとっては今作が記念すべき20枚目のシングル。「NEWSニッポン」が2003年なのでもうひと昔前のこと。全然ベテランっぽさを感じないのは、メンバーの現象があったからでしょうか、あるいは上のジャニーズ勢がつっかえすぎなせいでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 17:52| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月18日付

1位 関ジャニ∞「罪と夏」
 関ジャニ∞30作目のシングルが順調かつ順当に首位獲得。オリコン初動は27万枚、相変わらず強いです。最近では大倉忠義の熱愛報道が話題になっていますが…。CDデビュー13年目、グループ最年少である彼も既に31歳。SMAPより前ならとうにグループを解散している年齢です。平成の時代、ジャニーズのグループは多くのグループが余裕で活動期間10年を超えるようになりました。それと同時に高齢化も進んでいて、平均10代の有名どころはいまやSexy Zoneしかいません。近年デビューしたジャニーズWESTやA.B.C-Zも20代が中心、1990年代〜2000年代生まれのジュニアにとってはデビューまでのハードルが年々高くなっています。むしろデビューしてからも上が解散しないので台頭するのが難しくなっています。年始のSMAP関連の報道などで事務所の体質の古さが年々露呈していますが、大丈夫なんでしょうか。なお今回の曲は”夏のツアーを盛り上げるお祭りソング”ということらしいです。

続きを読む
posted by Kersee at 01:46| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月11日付

1位 GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」

 12枚目のシングルとなる今作も、前作「AGEHA」に続く形で首位獲得。今回は2位になった曲の評判が各所でものすごく高いので彼らに対する風当たりが妙に強い気がしますが、オリコンCDセールスだけでなくレコチョクでも2位、しっかり結果を出してます。曲の善し悪しについてはともかく、結果に関しては文句言えないのではないでしょうか。楽曲はしっとりした聴かせるバラード。4年前にデビューした際に初めて聴いた時は、ボーカルの声にややクセがあって微妙な印象がありました。今は全くそんなことないですね。ファンの方々、そうでなくても女性なら思わずウットリする曲に仕上がっているのではないでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 20:30| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年7月4日付

1位 佐々木千枝(今井麻夏)、櫻井桃華(照井春佳)、市原仁奈(久野美咲)、龍崎 薫(春瀬なつみ)、赤城みりあ(黒沢ともよ)「ハイファイ☆デイズ」

 発売されるたびに上位にランクインされるアイマスことTHE IDOL M@STERシリーズが今週ついに首位を獲得しました。アーケード版でゲームセンターに登場したのが2005年、スマホ版のアイドルマスターシンデレラガールズがアプリに登場したのが2011年。ついにここまで到達した、というのが正直な印象でしょうか。μ'sのラブライブ!もアプリゲームが大盛況ですが、こちらはアニメ放送の要素も手伝ってのヒット。アイドルマスターもアニメ化は2011年にされていますが、今の順位はやはりゲーム人気によるものが大きいのではないかと思います。セールス・CDリッピングで堂々の1位。9月と10月に行われるライブ抽選のシリアルコードが封入されているそうですが、それでもSTARLIGHT MASTERシリーズの過去2作がオリコン計上2万、3万なのに対し今作は9万枚。ライブもワールド記念ホール・さいたまスーパーアリーナでかなり大規模。いよいよ世間的に広く大ブレイクという段階に入るのでしょうか。個人的にデレマスはまだプレイしたことないので曲の予備知識はないのですが、試聴する限りでは王道ノリノリアイドルソング。基本に忠実に盛り上がりやすく聴きやすく、アイマスの名刺としても十二分に通用しそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 02:37| Comment(2) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年6月27日付

1位 BTOB「L.U.V」

 オリコン1位、週間売上7.6万枚は2位以下を大きく引き離す形。当然ながらセールス要素は1位ですがレコチョクはK-POP4位が関の山、総合では100位にも入りません。熱心なファンの存在でツイート数は3位につけていますが、それ以外は完全に圏外。これだけ売れればCD読取数は上位に入っても良いように思うのですが、その形跡は残念ながらありません。ラジオオンエア圏外なのは仕方ない部分もありますが…。
 日本でのシングルは今作が5作目。甘く声量豊かなボーカルとハーモニーで聴かせるラブバラードはカッコ良さも両立しています。ファンの女性ならウットリすること間違いなしの楽曲と言ったところでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 22:35| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする