2016年11月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月28日付

1位 AKB48「ハイテンション」

 今作のセンターは先日卒業を発表した島崎遥香。その彼女がセンターで”ハイテンション”というのはなかなか味があります。ディスコティックなテイストはここ数年、年に1作はあるという傾向でしょうか。元気になる曲で悪くはないですが、やはり乃木坂・欅坂と比べるともう少し曲の良さが話題になっていない感もあります。CD売上は今作もオリコンで100万枚計上してますが、他の要素はTOP10入りしててもTOP3はCDリッピングだけ(それさえも星野源、back numberに負けてます。Twitterは4位)。時期の関係も左右するYoutubeを除くと、他の3部門でTOP3に入っていた先週の乃木坂46と比べてやや対照的な結果になっているのは間違いないような気がします。

続きを読む
posted by Kersee at 10:26| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月21日付

1位 乃木坂46「サヨナラの意味」

 乃木坂46の歴史を作った一人である橋本奈々未のラストシングル。大ヒットしてます。オリコンで80万枚超のセールスは過去最高、総合チャートでもセールスの他、CDリッピングとTwitterで1位になってます。このジャンルでは強くないラジオオンエアでさえも3位。ブッチギリです。クライマックスに向けて高まる雰囲気と、ラストサビにおける集大成感。文句無しです。売上でなく質的にも今年を代表するヒット曲でしょう。しかしこう考えると今年は48系と46系の力関係が完全に逆転した年だなぁ、としみじみ。

続きを読む
posted by Kersee at 02:45| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月14日付

1位 ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」

 今年の春はBABYMETALのアルバムが全米チャートTOP40入りしたことが話題になりましたが、同じ年にビルボードランキングに入る日本人が彼になることを誰が想像したことでしょう。ついにこちらの総合ランキングでも1位獲得。ヤフーニュースでも彼の名前を見ない日はないという勢いになっています。凄いですね。もしかすると紅白歌合戦をはじめとする年末音楽番組も出演ラッシュになるのでしょうか。ちなみに今年泉大津フェニックスで行われたSCANDAL10周年ライブで、アンコールの最後に踊った打ち込みの曲「SCANDAL IN THE HOUSE」は古坂大魔王の楽曲提供であることは、一応特筆しておきたいと思います。

続きを読む
posted by Kersee at 01:12| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年11月7日付

1位 Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」
 6週ぶりの、ジャニーズ1位奪還。基本的に波乱がない時はビルボードでもジャニーズ勢が1位を取るものだと、しみじみ感じさせる今日この頃。もっともオリコン初動26万枚なら余程のことがない限り安泰ですけどね。この売上をコンスタントに稼げるのは今や嵐とキスマイと彼らだけ。この事務所も10年間で多くのグループがデビューしていますが、軸になっているのはこの3組だというのがあらためてよく分かります。NTV系アニメ『タイムボカン24』OPテーマ。ビルボードにはアニメランキングもありますが、当然そちらでも1位獲得。狙ってやっているのかどうかは分からないですが…。

続きを読む
posted by Kersee at 13:38| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月31日付

1位 星野 源「恋」

 2週連続1位。主題歌になっているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は早くも『逃げ恋』という略称が定着していて、絶好調。楽曲単体でもこれまで以上に素晴らしいクオリティを保っていると感じたものですが、外的要因も見事に加わっています。オリコンCDセールス10位で、CHARTinsightのセールス要素1位。いかに配信でダウンロードされているかということですね。それ以外の要素も全てTOP3圏内にランクイン。文句なしの1位です。これだけ全ての要素が上位に入って1位になるというのも、あまりないように思いますね(アイドル系はラジオが特にネックになりますし…)。

続きを読む
posted by Kersee at 00:46| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月24日付

1位 星野 源「恋」

 オリコンだけでなく、ビルボードでも余程のことがない限り1位はジャニーズが獲得するのが通常。その中で獲得した総合1位。ものすごく価値があります。要因はやはり自身が出演しているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。主演の新垣結衣がこの曲に乗せて踊るというオープニングが非常に大きな話題になっています。ですのでTwitter反響度1位。ただこれで全体の20%程度ということは、それだけセールスも高いようです。さすがにCD売上オリコンで約16万枚の関ジャニ∞には及ばないものの、配信も含めて2位(ダウンロードだけだと1位)。勿論ラジオオンエアやCD取込数も非常に高い順位。昨年の「SUN」に続く、どころかそれ以上の国民的ヒット曲・代表曲になったと言い切って良さそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 21:00| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月17日付

1位 Hi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」

 今週の1位は、あらゆる意味で今年最大のトピックと言い切っていいでしょう。「Love Is A Battlefield」以来16年ぶりの新譜というだけでもとんでもないことなのですが、それを事前展開一切なしでCDショップに並べるという。凄まじいことだと思います。Youtubeの動画もご丁寧に、10月4日フラゲ日にアップされたもの。そこからSNS上で広がる速度も大変なものでしたが、何よりオリコン計上13.5万枚という結果。これが全てを物語っています。ロックフェスにパンクバンドの存在は現在欠かせないですが、おそらくバンドだけでなくその音楽のファン全てがハイスタという道を通っているわけです。30代〜40代の元ロックキッズが買うのは当然としても、この数字はそれ以外の世代を巻き込まないと残せないのではないでしょうか。握手券やDVD込みの発売でないので、余計に驚きが強いです。なお配信やWEBでも26日以降に購入はできるようです。
 YoutubeにアップされているPVは2曲目に収録されている「ANOTHER STARTING LINE」。ゆっくりとしたリズムに長いキャリアから滲み出る風格を感じ、シンプルな言葉とメロディーに何年経っても変わらない良さを感じます。やっぱりこれを聴くと他の曲も買って聴きたい、という気分になりますね。個人的にはリアルタイムと言いつつも決して積極的に聴いてきたバンド・ジャンルではないのですが…。何と言いますかこれも彼らが起こすマジックなのでしょうか。
 
続きを読む
posted by Kersee at 22:15| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月10日付

1位 iKON「DUMB&DUMBER」

 今週の1位はK-POPの若手の雄・iKON。この曲で日本デビューになりますが、結果的には非常に華々しいデビューになりました。勢いと激しさが両立しているパリピなナンバー。楽曲もメンバーのルックスも大変野性的で、何年か後には今のBIGBANGくらいの人気になることも容易に想像できそうです。
 さてこのシングルですがオリコンでも1位、ですが売上は4.8万枚ほどで2位との差は1000枚ほど。ただビルボードの集計では11万枚近くになります。えらくズレがありますね。これはオリコンの方で、イベント商法や複数買いに関して集計方法が変更になったのが大きな理由だそうです。先週の虹のコンキスタドール、私立恵比寿中学辺りも集計方法変更の影響をオリコンでは大きく受けているようです。一方ビルボードの方では今のところ集計に変更なし。そういう意味では今後、複数買いの多いアーティストの方がビルボードでは目立つ結果になるのでしょうか…こちらでもすぐに集計見直しされる可能性も高そうですが。

続きを読む
posted by Kersee at 23:03| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年10月3日付

1位 RADWIMPS「前前前世」

 13週目のランクインでついに総合1位を獲得。これまではAKB48や嵐など、CDセールスが圧倒的なアーティストに1位を譲る形でしたが今回はそういう存在なし、ですので自然に首位獲得という結果になるわけです。この曲はCDセールスの集計ゼロですが(CD音源自体はアルバムで手に入りはしますが)、それでセールス要素1位。Twitter、Youtubeでも1位。既に映画は完全に国民的ヒットと化していますが、楽曲に関しても完全に同様。もうRADWIMPSといえばこの曲、という域にまで達しているのではないでしょうか。「なんでもないや」「スパークル」「夢灯籠」も同時に上位ランクイン、ここ数週は完全に彼らがビルボードチャートを席巻しています。

続きを読む
posted by Kersee at 01:01| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年9月26日付

1位 嵐「Power of the Paradise」
 NTV系のリオ五輪中継テーマソングということですが、だとすると発売が遅すぎるような…。勿論オリコンもビルボードも堂々の1位ですが、オリコンでの売上枚数42万枚は昨年の3枚のシングル初動と比べると僅かに少なめ。誤差の範囲内だとは思いますが…。嵐もデビュー18年目でメンバーは全員30代突入、なんだかんだで後輩の台頭も目立っています。SMAP解散後はまさにジャニーズを文字通り牽引する形になるかと思いますが、それだけに大変な面も今後はありそうですね。

続きを読む
posted by Kersee at 00:25| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする