2018年02月04日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年2月5日付

1位 KinKi Kids「Topaz Love」
 デビュー20周年ですが、相変わらずチャートでは強くて堂々の1位獲得。振り返ると、「硝子の少年」でファンになった女子中高生は20年経つと30代中盤〜後半、結婚して子どもがいてもおかしくない年。もっと言うと芸能界デビューはそれよりも結構前なので、そうなると40代の人も多くなります。ファン傾向としては男性より女性の方が、時流によって多方面に応援する人より一途にずっと深く応援するタイプが多いように思います(あくまで個人の印象です)。そう考えると現在のKinKi Kids、もちろん20年の間に新しくファンになった人も多いとは思いますが、それ以上に長く強く愛し続けているファンが目立っているような気がします。実際のライブのファン層はどんなものなんでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 02:19| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年1月29日付

1位 NEWS「LPS」
 通算22枚目のシングルも1位獲得。昨年のシングルは「EMMA」だけでしたが、今年はどうなるでしょうか。ここ3年初春のオリジナルアルバムリリースが定番になっていますが。タイアップはフジテレビ特別番組『NEWSICAL』スペシャルソング。そういえば結成15周年なんですね。かなりの紆余曲折を経たことを考えると、ここまでよく続いていると思います。

続きを読む
posted by Kersee at 12:11| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年1月22日付

1位 SKE48「無意識の色」

 ビルボードも今週分から2018年リリースが多くなって、ようやく今年らしくなってきたといったところでしょうか。まあ私が2017年振り返るのが遅かっただけという話もありますが。というわけで2018年1月10日発売分、1位はSKE48の22ndシングル。歴代シングル表題曲のタイトルがPVに登場するのが大変印象的。2008年結成なので今年でもう10年目を迎えるわけですね。メンバーも多く入れ替わって1期生はもう松井珠理奈だけになっていますが、楽曲は公演でずっと歌い継がれています。ファン歴が長ければ長いほど、この曲は感じ入る部分が多いナンバーなのではないでしょうか。そんな気がします。

続きを読む
posted by Kersee at 01:24| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年1月8日付

1位 NMB48「ワロタピーポー」

 通算17枚目のシングルはとにかく賑やかな曲。かの18年前に流行した「恋のダンスサイト」も思い出させるような勢いですが、個人的にはメロディーが随分まとまっているように感じました。もっとワチャワチャしてもいいんじゃないかなとも思ったりして。そんなこと言いつつも、憶えやすさはここ最近のNMB48では間違いなく随一。良いのではないかと思います。

続きを読む
posted by Kersee at 00:32| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年1月1日付

1位 Hey! Say! JUMP「White Love」
 タイトルだけを見るとまるでSPEEDみたいですが、内容は全く違う同名異曲。冬という季節を感じさせる楽曲に仕上がっているようです。知念侑李が出演している映画『未成年だけどコドモじゃない』主題歌。通算21年目、2018年でデビュー12年目を迎えますが人気はまだまだ健在。

続きを読む
posted by Kersee at 23:25| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年12月25日付

1位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「J.S.B HAPPINESS」

 3月の「HAPPY」以来9ヶ月ぶりのシングル。昨年今年と三代目はツアーやベストアルバム、他プロジェクトの活動もあって新曲がやや目立たない印象もありましたが、この曲は年末各歌番組特番で歌いまくっているようです。今回の曲はバラード路線の「花火」「冬物語」とも、EDM路線の「R.Y.U.S.E.I.」「Summer Madness」辺りとも違う、本来ならEXILEが歌いそうな壮大路線。ATSUSHIが留学で、EXILE本体がTAKAHIROソロだったりEXILE THE SECONDだったりの活動でこういう曲を今歌うとしたら、確かに三代目J Soul Brothersが一番ピンと来ますね。

続きを読む
posted by Kersee at 13:43| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年12月18日付

1位 BTS(防弾少年団)「MIC Drop」

 オリコン計上で初動約36万枚、ものすごく売れてます。年末のMステスーパーライブ出演もおおいに納得といったところ。楽曲はK-HIP HOPそのもの。カッコ良いということは、間違いなく事実。今年はTWICEが紅白初出場しましたが、来年はそれが彼らになるのでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 22:41| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年12月11日付

1位 Kis-My-Ft2「赤い果実」
 いよいよ2017年もあと少しで、ビルボードでは年間ランキングも発表になりました。1位が星野源の「恋」、2位がストリーミング中心にポイントを伸ばしたエド・シーラン、3位が「打上花火」ということだそうですが。集計としては先々週分までで、先週と今週はもう2018年のランキングです。というわけで今週の1位は20枚目のシングルとなるキスマイ。ストリーミングどころかダウンロードもないようですがCDだけで約20万枚を売り上げ、SNSのつぶやきで1位を取る辺り、多様性がなくともまだまだジャニーズは強いということでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 11:37| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年12月4日付

1位 AKB48「11月のアンクレット」

 言うまでもなくAKB48はトップアイドルグループですが、その中で最もアイドルを体現していたのはまゆゆこと渡辺麻友だったのかもしれません。卒業作となる今作は通算50枚目となるシングル。楽曲はここ数年AKB48の表題曲で増えつつある懐かしいフォークソング調。良い曲です。それにしても、毎年そうではあるのですが今年は特にアイドルグループからの卒業・別れが多いように感じたのは気のせいでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 23:10| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2017年11月27日付

1位 関ジャニ∞「応答セヨ」
 丸山隆平が主演を務める映画『泥棒役者』主題歌は、ポルノグラフィティの新藤晴一が作詞提供。バンドスタイルで披露する楽曲のようで、サビを聴いた限り往年のTOKIOが歌いそうなナンバーです。通算40枚目、気がつけばもうかなりのリリース数になっていますね。今年はメトロック出演が大きな話題になりましたが、来年も何かしら過去にない新しい動きを見たいです。

続きを読む
posted by Kersee at 01:02| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする