2016年06月17日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年6月20日付

1位 V6「Beautiful World」
 今作で46枚目のシングル。SMAPもそうなんですが、活動22年目で1位を取ることが何より凄いですね。今作はドラマ『警視庁捜査一課9係 season 11』主題歌。2006年から続く井ノ原快彦出演のシリーズですが、ずっと主題歌を担当しています。ここ何年かは年一度のシングルがこのタイアップ、という例も何度かありますが今年はどうなるでしょうか。なおオリコン初動枚数は10万枚超え、これは2007年の「HONEY BEAT/僕と僕らのあした」以来9年ぶり。表題曲は秦基博の楽曲提供ですが、その影響はどうでしょうか。あるいは昨年の紅白歌合戦イノッチ司会・歌手としての出場効果による部分もあるのかもしれません。セールス以外の要素も概ね高い順位で、安定したヒットになっているようです。

続きを読む
posted by Kersee at 22:38| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年6月13日付

1位 AKB48「翼はいらない」

 総選挙も毎年恒例になりました。その投票券が入っている今回のシングルも、例年通りオリコン集計で144万枚を計上しています。ですのでCHART insightの構成比はセールスで約99%、円グラフはほぼそれを現す紫色で占められています。ただ昨年の「僕たちは戦わない」が160万枚だったので、それと比べると減ってはいるようです。一応セールス以外の要素も欄外のYoutubeを除いてTOP5以外には入っているので、1位という順位そのものは妥当と言えるのではないでしょうか。
 楽曲は「翼をください」の曲名から連想される通りのフォーク調。PVも昭和40年台中盤感がバリバリです。山本彩のギターはお馴染みですが、もう一人ギターを弾いている子はこれまであまり見かけない顔で新鮮ですね。彼女の名前は向井地美音で、今作が初センターということのようです。ゲスト俳優に上條恒彦がキャスティングされているのも地味に高ポイント。「君はメロディー」もそうですが、今年のAKB48シングルはじっくり聴かせるのがコンセプトでしょうか。昨年までとはかなり傾向が変わっているようです。

続きを読む
posted by Kersee at 21:19| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年6月6日付

1位 back number「僕の名前を」

 オリコンのCDランキングを見る限り、今週の上位はかなりの接戦模様になっているようです。そちらでの1位は嵐が2週連続でしたが、ビルボードでの1位はback numberの新曲。オリコンは6位でも映画『オオカミ少女と黒王子』主題歌ということで配信ダウンロード件数も多く、セールス要素は見事1位。これが占める割合は60%ほどで、あとはラジオ(3位)・CD読取数(2位)・Twitter(6位)がバランス良く。まさしくヒット曲らしいヒット曲が1位を獲得したという形になっています。
 楽曲は”純愛”という言葉がまさにピッタリのラブバラード。「クリスマスソング」「ヒロイン」、大作バラードもいよいよ板についた感じでしょうか。それ以前にもファンにお馴染みのバラードの名曲は色々ありますが、個人的には「青い春」「高嶺の花子さん」最近だと「サイレン」などのアップテンポの方が好み、ただこれまで何度となく書いているように清水依与吏が描く歌詞はどちらも素晴らしいものがあります。今作も難解な言葉が一つもない、分かりやすい単語の組み合わせで実に泣ける内容に仕上がっています。期待を裏切らない名曲、今作に関してはこれが一番しっくりくる言葉なのかもしれません。

続きを読む
posted by Kersee at 22:29| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月30日付

1位 嵐「I seek」
21位 嵐「Daylight」

 今回の嵐の新作は2曲A面で、「I seek」は大野智主演のNTV系ドラマ『世界一難しい恋』主題歌、「Daylight」は松本潤主演のTBS系ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』主題歌。初動枚数はここ最近オリコン集計40万枚台後半が相場でしたが今回は約70万枚、普段より約1.5倍の売上を記録。要因は多種発売のうち収録DVDの内容を変えていることにあるようで、この作品の場合2作のPV&メイキングがそれぞれ別に収録されている模様。ですので普段新曲が出て1枚買うファンは2枚買うことになり、したがって…という結果だそうです。先週のHey! Say! JUMP「真剣SUNSHINE」も2種のDVDが全く違う内容(片方がPV、もう片方が全く別の特典映像)という理由で売上を大きく伸ばした、という形だそうです。こういった多種発売は48系グループの方が盛んですが、ジャニーズの場合ダウンロードが原則ほとんど解禁されていないので、必然的にオリコンに残る数字も大きく跳ね上がる形になりますね。ですのでCDリッピングも自然に1位(これは先週もその前のSexy Zoneも同様)。売り方の巧さを感じるとともに、やっぱり色々な意味で他の事務所とやっていることがまるで違うなぁと思ってしまうわけです。

続きを読む
posted by Kersee at 00:35| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月23日付

1位 Hey!Say!JUMP「真剣SUNSHINE」
 活動10年目を迎えたHey!Say!JUMPが今週の1位。シングルも通算16枚目、相当活動期間が長くなっていますがいまだに若手っぽく思えるのは、上がつかえているからでしょうか。SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN。パッと思い浮かぶだけでもこれだけ先輩がいますからね。大変です。言うまでもなく今回もセールス要素・CDリッピングでの1位が強く作用しています。ちなみに初動枚数は前々作約15万枚、前作約20万枚、今作約27万枚。ここにきて急速に伸びています。コーセーのCMタイアップで大きく伸びるとは思えないですし、一体何があったのでしょうか。確かに山田涼介や中島裕翔辺り、俳優として名前を見る機会はここ最近さらに増えてきてはいますが。

続きを読む
posted by Kersee at 02:10| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月16日付

1位 Sexy Zone「勝利の日まで」
 相変わらずの強さで、オリコンではデビュー以来11作連続1位になっています。ただ初動枚数を見る限りでは過去の作品よりも低く、他のジャニーズの方々と比べても低く。少し気になるところではあります。リオ五輪バレーボール世界最終予選のイメージソング。開催は5月14日からで、お茶の間に広く曲が聴かれるのはむしろこれからですね。バレーボールとジャニーズのつきあいはV6以来約20年。長いです。ただ以前は大会のたびに新しいグループがデビューするという勢いでしたが、最近は彼らがずっとバレーボール担当という状況になっています。


続きを読む
posted by Kersee at 02:11| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月9日付

1位 NMB48「甘噛み姫」

 NMB48の14枚目のシングルが1位獲得。今回のセンターは山本彩と須藤凛々花、クッキリとしたメロディーで作られた王道歌謡に仕上がっています。歌い出しの山本彩ソロに今までにない存在感を感じるのは、やはり昨年末のセンター経験がモノを言っているからなのでしょうか。そんな彼女の代表曲「365日の紙飛行機」は今作本当にソロ作品としてカップリングで収録されています。アコースティックな仕上がり、ギターを爪弾く演奏はおそらく彼女自身のもの。表題曲よりこちら目当てで購入した人数も結構な数になりそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 17:22| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年5月2日付

1位 ジャニーズWEST「逆転Winner」
 例のごとくジャニーズ勢が今週の首位。なんだかんだ言ってもセールス要素だけでなくCDリッピングも1位、ラジオオンエアも9位。安定しています。目安となるオリコン初動枚数は約11万枚。リリース形態の違いを抜きにして単純に発表された数字だけで比較すると、3月リリースのキスマイの約半分、1月のNEWSと比べると3〜4万枚ほど及ばずと言ったところ。シングルは9ヶ月ぶり5枚目で、CDデビューは今年で3年目を迎えます。今作は松井五郎作詞、岩崎貴文作曲、CHOKKAKU編曲。クレジットを見る限りでは手堅く彼ららしい作品に仕上がっていそうな雰囲気ですが果たして。

続きを読む
posted by Kersee at 18:44| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月25日付

1位 HKT48「74億分の1の君へ」

 世界人口、私が中学生くらいの頃は60億人くらいでしたが発展途上国なるとまだまだ人口は増加傾向。2015年現在の人口が約73.5億人だそうです。となると今頃は74億人が相場、ということなんでしょうか。というわけで今回のHKT48のシングルは74億人の中からあなたと一緒に人生を歩むことが出来てとても嬉しいというウエディングソング。歌詞の世界観は2016年どころか20世紀、ヘタすると昭和で止まっている感がなきにしもあらずですが、やっぱり言われた方とすれば嬉しいものなのでしょう。セールス・CDリッピングともに安定の1位という形でした。

続きを読む
posted by Kersee at 09:01| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2016年4月18日付

1位 欅坂46「サイレントマジョリティー」

 乃木坂46の妹分グループである欅坂46がデビュー曲にして1位獲得。オリコンでは初動約26万枚で文句無しに1位、レコチョクでも週間1位、iTunesでも上位にランクイン。セールス要素は完全に文句無しの1位ですね。CDリッピングも1位、Twitter2位でYoutube3位、このジャンルでは強くないラジオオンエアでさえも7位。完全に今年の代表曲と化しているくらいの勢いです。各所での評判も相当上々で、ここ最近の48系どころか乃木坂46でもあまりないくらいの好反応。私も23位で初登場時に只者ではなさそうというニュアンスで感想を書きましたが、どうやらその判断は間違いではなさそうです。ちなみにセンターを務める平手友梨奈は14歳。この年齢でこの魅力を出せる人材は近年いなかったのではないでしょうか。乃木坂46デビュー時の生駒里奈は当時16歳でしたが、果たしてどうなるでしょうか。

続きを読む
posted by Kersee at 02:10| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする