2018年03月24日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年3月26日付

1位 AKB48「ジャーバージャ」

 CDセールスは今回も100万枚キープ。なんだかんだで枚数は売っていますが、ダウンロードだとTOP10に程遠く、ストリーミングではTOP100にも入っていません。ですので総合ランキングだとかろうじて1位を獲得したという形。Youtubeの再生数は、さすがに200万回までには達していますが欅坂46と比べるとかなりの差(これは欅坂46が凄いと考えるべきなのですが)。今作は岡田奈々が初のセンター、新しいメンバーも続々選抜に入っていますがやはり過去の面々と比べるとまだまだ知名度的には…といったところでしょうか。
 もっともシングル表題曲はなんだかんだ言いつつ毎回工夫を凝らしていまして。今作はゆっくりとしたテンポで、ハッキリとしたメロディーで思いっきり聴かせる曲に仕上げています。AKB48のシングルは51枚目になりますが、これまでの50曲のどれにも似ていないですね。歌いこなすには結構な歌唱力が要求されると思いますが、調べてみるとやはりセンターに抜擢された岡田奈々はかなりの歌の実力の持ち主のようで。もしかすると次代のAKB48を担うのは彼女なのかもしれません。そう考えると、大変意義深い作品になっていきそうな予感もあります。

続きを読む
posted by Kersee at 01:44| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年3月19日付

1位 欅坂46「ガラスを割れ!」

 デビュー3年目・通算6枚目のシングル表題曲も素晴らしくカッコ良いナンバーに仕上がっています。"Rock You!"に代表されるように懐かしさ・オマージュを感じさせる場面もあり、平手友梨奈をセンターにしたパフォーマンスも相変わらずの迫力。バッキバキのカッコ良さだけでなく、見る人が見ると少しダサさも感じさせる部分もまた秋元康プロデュース・欅坂46らしさなのだと思います。ただ昨今の報道を見る限りパフォーマンスにおける平手ちゃんの負担は他メンバーと比べて相当大きいので、そろそろあえて次のシングルで思いっきり雰囲気を変えるのも一興かもしれないですね。ですが夏だ!水着だ!的なアイドルっぽい楽曲だと間違いなく色々バッシングされることが予想されるので、難しいところ。

続きを読む
posted by Kersee at 01:50| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年3月12日付

1位 星野 源「ドラえもん」

 『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌として作られたわけですが、タイトルもPVも極めてストレート。ここまで国民的アニメに真っ正面に向き合った楽曲は過去ありません。「SUN」や「恋」の雰囲気を踏襲したようなサウンドは聴いていて非常に気持ち良く、歌詞はドラえもんの世界観から全くブレることなく。そのまま今回の映画だけでなくテレビのレギュラー放送でも採用していいと思える出来。一度聴いたら絶対に憶えるサビのラストは、ポップスのクリエーターとしてこの上ない才能を誇示しているかのよう。文句無し、2018年を代表するヒット曲であり名曲です。源さんは4月からNHK連続テレビ小説の主題歌にも決定、今年は昨年や一昨年以上にJ-POP界を席巻する一年になりそうです。

続きを読む
posted by Kersee at 01:52| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする