2014年10月16日

いきものがかり「熱情のスペクトラム/涙がきえるなら」

熱情のスペクトラム/涙がきえるなら - いきものがかり
熱情のスペクトラム/涙がきえるなら - いきものがかり

(楽曲レビュー)
1.熱情のスペクトラム
 アニメ『七つの大罪』OPテーマ。シリアス系といいますか、低音で聴かせるといういきものがかりだけでなくJ-POPという括りの中でもかなり珍しいタイプのナンバーですね。雰囲気としては「ブルーバード」に若干近いでしょうか。コンパクトに作られた歌謡曲風のメロディーは水野良樹の最も得意とする所だと思います。当然のように名曲に仕上がっていると言わんばかりの作品ですね。

2.涙がきえるなら
 オルガンの音が聖歌のように響きわたるスローテンポのバラード。アルバムでは何曲かありますがシングルのカップリングで吉岡聖恵が作曲に携わるのは「キミがいる」以来ですね。曲がどうこうというよりこれに関しては彼女の歌声が全てという感じがします。一つ一つの言葉を丁寧に歌うところに聴き惚れる作品ですね。これも素晴らしい内容に仕上がっています。

(総評)
 ボーカリスト・吉岡聖恵の歌のうまさがここ数作の中で最も光っている作品だと思いました。裏声にならない高音の素晴らしさと低音の確かさ、そして何より一つ一つのフレーズを非常に大事にする歌唱。あらためて素晴らしいグループであると再確認するにはもってこいのシングルと言えるのではないでしょうか。



posted by Kersee at 23:58| Comment(0) | 新曲レビュー(女性J-POP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。