2014年12月31日

Pre Japanese Music Awards 2014〜邦楽アルバムトップ10〜

 今期も当ブログではJapanese Music Awardsという形で、年末年始にかけて2014年の音楽を振り返る記事をどんどん書いていきます。まずは年内が期限になっているこの企画、音楽だいすきクラブの2014年のベストアルバムを集計しますに参加という形で2014年のベストアルバムを選出しました。2014年はアルバムレビューを多く書いていこうという方針を決めて50作近くレビューして、70作近く購入・レンタルしましたがその判断は正しかったとあらためて感じます。集計対象は10作ですが今回は30作選びました。その全てが名盤といえる作品だったように思います。順位をつけるのが忍びないほどですが一応つけさせて頂きました。なお集計対象は2013年12月第2週から2014年第1週発売作品にしています。順位に対しての苦情は一切受けつけません。ではどうぞ。

30位 片平里菜『amazing sky』 レビュー
amazing sky (初回限定盤)(DVD付き) - 片平里菜
amazing sky (初回限定盤)(DVD付き) - 片平里菜
 ミナホで生で聴きましたが、あんなに歌うまい人だとは思ってなかったです。作品の質も高く、将来に期待が持てる内容でした。

29位 黒木渚『標本箱』 レビュー
標本箱 - 黒木渚
標本箱 - 黒木渚
 歌詞を大切にしている作品ということがよく分かる内容でした。もっと売れて然るべきアーティストだと思います。

28位 Rihwa『BORDERLESS』 レビュー
BORDERLESS(通常盤) - Rihwa
BORDERLESS(通常盤) - Rihwa
 「春風」「Last Love」以外でも引き出しの多さがよく分かる内容でした。メディアはこの人をもう少し推すべきですね。「春風」があれだけロングセラーになったのに全く年末番組に呼ばれないのは解せない。

27位 小田和正『小田日和』 レビュー
小田日和 - 小田和正
小田日和 - 小田和正
 安定の内容でした。

26位 高橋 優『今、そこにある明滅と群生』 レビュー
今、そこにある明滅と群生(通常盤) (残暑見舞いなし) - 高橋優
今、そこにある明滅と群生(通常盤) (残暑見舞いなし) - 高橋優
 今年も良い作品を多く発表していましたね。

25位 aiko『泡のような愛だった』 レビュー
泡のような愛だった (初回限定仕様盤) - aiko
泡のような愛だった (初回限定仕様盤) - aiko
 未だに彼女が紅白に出ないのは納得できないです。今年はワンマンライブにも行ったので尚更。

24位 チームしゃちほこ『ひまつぶし』 レビュー
ひまつぶし<初回限定【見る盤】> - チームしゃちほこ
ひまつぶし<初回限定【見る盤】> - チームしゃちほこ
 ダスト系アイドルの曲の良さをこのグループからも感じました。後半がもっと濃ければトップ10あったかもしれません。

23位 グッドモーニングアメリカ『in トーキョーシティ』 レビュー
inトーキョーシティ [通常盤 CD] - グッドモーニングアメリカ
inトーキョーシティ [通常盤 CD] - グッドモーニングアメリカ
 都会の景色がよく見える名作でした。それにしてもたなしんがあんなにお笑い系とは。

22位 back number『ラブストーリー』 レビュー
ラブストーリー (通常盤) - back number
ラブストーリー (通常盤) - back number
 愛を語るロックアルバムの傑作だと思います。

21位 パスピエ『幕の内ISM』 レビュー
幕の内ISM (初回限定盤) (DVD付) - パスピエ
幕の内ISM (初回限定盤) (DVD付) - パスピエ
 センスの良さをあらためて感じさせる作品でした。でもやはりこの人たちはこんなものではないような気がします。

20位 KEYTALK『OVERTONE』 レビュー
OVERTONE - KEYTALK
OVERTONE - KEYTALK
 こちらもセンスの良さを非常に思わせる作品でした。来年以降もあらためて期待できそうです。

19位 コブクロ『One Song From Two Hearts』 レビュー
One Song From Two Hearts(通常盤) - コブクロ
One Song From Two Hearts(通常盤) - コブクロ
 シングル中心だったこともありますが、曲の質の高さをあらためて感じさせる内容だったと思います。

18位 竹内まりや『TRAD』 レビュー
TRAD(初回限定盤) (DVD付) - 竹内まりや
TRAD(初回限定盤) (DVD付) - 竹内まりや
 安定のクオリティでした。やはりこの人の声を聴くと心が落ち着きます。

17位 DREAMS COME TRUE『ATTACK25』 レビュー
ATTACK25 (通常盤) - DREAMS COME TRUE
ATTACK25 (通常盤) - DREAMS COME TRUE
 昔のオマージュも豊富で、ドリカム作品の中でも確実に上位に入るのではないでしょうか。

16位 藍井エイル『AUBE』 レビュー
AUBE - 藍井エイル
AUBE - 藍井エイル
 彼女のライブに今年2度も行けたのは素直に嬉しかったです。

15位 ゆず『新世界』 レビュー
新世界(通常盤) - ゆず
新世界(通常盤) - ゆず
 ストリートミュージシャンからここまで音楽の世界が広がるものかと…。

14位 PASSPO☆『JEJEJEJET!!』 レビュー
JEJEJEJET!!(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付) - PASSPO☆
JEJEJEJET!!(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付) - PASSPO☆
 ガールズロックとして本当によく出来た作品です。それだけに若干今年の活動が失速気味に感じたのは残念。

13位 大森靖子『洗脳』 レビュー
洗脳 (CD+DVD) (TypeA) - 大森靖子
洗脳 (CD+DVD) (TypeA) - 大森靖子
 『絶対少女』も込みで考えるとこれくらいはいくでしょうか。でもやっぱり彼女の本質はライブよりステージだと思います。

12位 でんぱ組.inc『WORLD WIDE DEMPA』 レビュー
WORLD WIDE DEMPA 初回限定盤 - でんぱ組.inc
WORLD WIDE DEMPA 初回限定盤 - でんぱ組.inc
 でんぱ組.incの今年の快進撃はまさにこの作品から始まったようにあらためて思います。

11位 赤い公園『猛烈リトミック』 レビュー
猛烈リトミック - ARRAY(0x9c53290)
猛烈リトミック - ARRAY(0x9c53290)
 次のガールズバンド界でトップになるのは間違いなくこの人たちでしょう。予想以上の世界観の広さがある作品だと思いました。


10位 ゲスの極み乙女。『魅力がすごいよ』 レビュー
魅力がすごいよ(初回限定魅力的なプライス盤) - ゲスの極み乙女。
魅力がすごいよ(初回限定魅力的なプライス盤) - ゲスの極み乙女。
 ミクスチャーロックもここまできたかと思わせた傑作。今年はセンスの良さを感じた若手バンドアルバムが続出でしたがその中でも一番上ですね。

9位 レキシ『レシキ』 レビュー
レシキ - レキシ
レシキ - レキシ
 正直この作品を聴いた時は衝撃でしたね。本来ならもっと前に味わっておかなければならない感覚だとは思いますが。

8位 くるり『THE PIER』 レビュー
THE PIER (初回限定盤) - くるり
THE PIER (初回限定盤) - くるり
 これまで多くあるくるりの名曲でも「Liberty & Gravity」は5本の指に入るでしょう。そりゃ評価が高いのも当然かと。

7位 水樹奈々『SUPERNAL LIBERTY』 レビュー
SUPERNAL LIBERTY - 水樹奈々
SUPERNAL LIBERTY - 水樹奈々
 「VIRGIN BEAT」「アパッショナート」を含む序盤は完全に屈指の出来でした。この順位ですがこれでも前作より質は上。

6位 moumoon『LOVE before we DIE』 レビュー
LOVE before we DIE - moumoon
LOVE before we DIE - moumoon
 シングル曲が含まれていないのが余計に作品の質を上げていたように思います。良い意味でどの曲にも平等に輝きを放っていました。

5位 SCANDAL『HELLO WORLD』 レビュー
HELLO WORLD(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL
HELLO WORLD(初回生産限定盤)(DVD付) - SCANDAL
 SCANDALは作品ごとに成長をみせていると常日頃思っていますがここまでとは。メンバー作曲のナンバーもどれも素晴らしくて、本当に名盤だと感じました。

4位 東京女子流『Killing Me Softly』 レビュー
Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A) - 東京女子流
Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A) - 東京女子流
 「Killing Me Softly」1曲に秘められたストーリーがすごく魅力的でした。やはり東京女子流の楽曲の質は高いです。

3位 椎名林檎『日出処』 レビュー
日出処(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 椎名林檎
日出処(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 椎名林檎
 曲間の繋ぎ、そして全部通して聴いた後のラスト2曲「NIPPON」「ありあまる富」の説得力。アルバムでしか味わえない感覚を憶えた作品でした。やはり椎名林檎は天才です。

2位 中島みゆき『問題集』 レビュー
問題集 - 中島みゆき
問題集 - 中島みゆき
 「麦の唄」「産声」「India Goose」に尽きるとも言えますが、やっぱりあらためて聴いてもデビュー40年目のシンガーソングライターが作るアルバムとは思えない輝きがあると思います。

1位 BABYMETAL『BABYMETAL』 レビュー
BABYMETAL(通常盤) - BABYMETAL
BABYMETAL(通常盤) - BABYMETAL
 やはりあらためて考えても2014年のアルバムはこれに尽きるかな、と感じさせた作品ではないでしょうか。メタルと称されたこの1枚にJ-POPの面白さの全てが凝縮されていると言ってもいいと思います。今年は本当に名盤連発の1年でしたが、やはりその頂点に立つのはこれが相応しいのではないでしょうか。


posted by Kersee at 11:22| Comment(0) | Japanese Music Award | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。