2014年01月19日

蒼井翔太「Virginal」

Virginal - 蒼井翔太
Virginal - 蒼井翔太

Virginal(初回限定盤)(DVD付) - 蒼井翔太
Virginal(初回限定盤)(DVD付) - 蒼井翔太
(楽曲レビュー)
1.Virginal
 昨年6月にアルバム『ブルーバード』のリリースはありましたがこの名義でのシングル発売は今回の作品が初めて。というわけで個人的には初聴のアーティストになりますが、良いですね。甘いマスクとそれ以上に美しい歌声、キーボードを中心としたaccessを彷彿とさせる楽曲。女性に好かれる条件が全て整っています。作詞作曲はElements Gardenでおなじみの上松範康ですが水樹奈々に提供した作品とは全く違う個性が出ていますね。

2.ユメノツヅキ
 蒼井翔太本人の作詞作曲。バンドスタイルにピアノをうまく織りませた編曲、特に間奏のギター演奏が耳に残ります。内容は所謂前向きな失恋ソングというところでしょうか。

(総評)
 2006年にSHOWTA.としてメジャーデビューするもヒットせず、その後2010年からこの芸名で声優・アニソン歌手として活動している人だそうです。ファンの人にとっては昨年放送された『うたの☆プリンスさまっ♪』の美風藍役でお馴染みでしょうか。バックアップが優れているということもありますが歌い手としての声質の良さが今作を聴いた限りでは印象に残りました。男性声優の歌い手もまたGRANRODEOを筆頭に多くいますが女性声優と比べると一般的な知名度は決して高くない人が多いと思うので、彼には是非その中でも抜きん出た存在になることを期待したいですね。


posted by Kersee at 21:00| Comment(0) | 新曲レビュー(声優・アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。