2015年02月23日

藍井エイル「GENESIS」

GENESIS - 藍井エイル
GENESIS - 藍井エイル

GENESIS(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) - 藍井エイル
GENESIS(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) - 藍井エイル

GENESIS(初回生産限定盤)(DVD付) - 藍井エイル
GENESIS(初回生産限定盤)(DVD付) - 藍井エイル

(楽曲レビュー)
1.GENESIS
 アニメ『アルドノア・ゼロ』第2期オープニングテーマになっているこの曲は伸びのある歌声と迫力のある演奏で聴かせるロックバラード。「INNOCENCE」や「IGNITE」のようにサビでガツンとくる楽曲ではないのでインパクトはその分やや薄くなります。ですがこれまでのシングル曲でボーカリスト・藍井エイルの魅力が一番出ている楽曲も間違いなくこの曲になります。メロディーの複雑さや音域の広さ、そしてサビにおける伸ばしの迫力。歌唱力が高くないとまず成立しないナンバーであるとともに、高ければ高いほど絵になるナンバーでもあるこの曲。崇高な編曲も合わせて、非常に完成度の高い作品に仕上がっていると言って良いのではないでしょうか。

2.Fairy Tale
 Aメロから不穏な音程で聴かせるシリアスバラード。この曲も余程の歌唱力がない限り成り立たない作品ですね。単純な声量やピッチの正確さ以上に、必要とされる表現力が相当高レベルなものになっています。ついでに言うと間奏のギターソロも恐ろしい高クオリティな演奏。カップリング曲でここまで凄いと思わせた曲はほとんど過去になかったよう気がします。

3.electric irony
 イントロから変拍子連発。Aメロも独特のテンポ。何拍子なのか聴いてても全然分からないので楽譜を見たくなります。歌う方も歌う方で、演奏する方も演奏する方だと思わずツッコミを入れたくなる楽曲。

(総評)
 今回のシングルはカップリング含めて今までと違う感じに仕上げていて相当挑戦している印象ですが、その挑戦のレベルがあり得ないほどに高レベルですね。そしてそれを形にしている彼女とそのバックバンドは一体何者なのかと言いたくなるほどです。過去2枚のアルバムも良い内容でしたが、なんか次のアルバムはそれを完全に凌駕する作品になるのかもしれないですね。非常に楽しみです。




posted by Kersee at 23:49| Comment(0) | 新曲レビュー(声優・アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。