2018年11月05日

Billboard JAPAN発新曲レビュー・2018年11月5日付

1位 嵐「君のうた」
 CDデビュー20年目、通算56枚目となるシングルが今回も1位。相葉雅紀主演EX系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』主題歌、タイアップの傾向も例年と大きく変わりません。相変わらずYoutube等にはアップされませんが、J Stormの公式サイトでは30秒の映像・音源サンプルが公開されています。穏やかかつ爽やかな、嵐らしい曲に仕上がっているようです。

2位 モーニング娘。'18「フラリ銀座」

 サウンドは総打ち込みながらも、どこか昭和の香りがするメロディーなのはやはり銀座が舞台だからなのでしょうか。

3位 ジェジュン「Defiance」

 2ndシングルはアニメ『ゾイドワイルド』OPテーマ。ロック色の強い楽曲、カッコ良さも10年前よりパワーアップしています。

6位 水樹奈々「NEVER SURRENDER」

 おなじみ、魔法少女リリカルなのはシリーズ劇場版の主題歌。相変わらずクラシックとロックの融合を図っているような楽曲ですが、歌うのに必要とされる表現力は以前にもまして高くなっているような気がします。歌声に聴き惚れるにはまさしくピッタリの、珠玉の一曲。

7位 あいみょん「今夜このまま」

 ドラマ『獣になれない私たち』主題歌。CDリリースはもう少し先ですが、ストリーミングやダウンロードを中心に早くもこの高順位。彼女の楽曲は最初の印象がそうでなくても気がつけばリピート数が半端なく多くなるのが個人的な傾向ですが、この曲もそうなるでしょうか。自分としてはCメロの歌声が特に好みですね。

8位 藍井エイル「アイリス」

 おなじみ、ソードアート・オンラインシリーズのEDテーマ。サビのメロディーに乗せられる歌声が半端なく良いです。この曲も彼女を代表する名曲の一つに加わりそうです。

9位 LaLuce「Everything will be all right」

 ラストアイドル、4作目の表題曲はLaLuceが担当。スケールが大きくてダンサブルな内容。

16位 LiSA「ADAMAS」

 配信は既に始まっていて上位にも入っていますが、PV公開のタイミングは「アイリス」と同様。お馴染みソードアート・オンライン。LiSAならではのロック色を更に強調したようなチューン。カッコ良さがここにきてまたパワーアップ、凄いことになっています。

18位 COLOR CREATION「I'm Here」

 メジャー2枚目となるイケメンコーラス・グループ。やはりイメージは向こうのR&B。

20位 HYDE「FAKE DIVINE」

 変わらぬカッコ良さ、相変わらず年齢が分かりません。

36位 Luce Twinkle Wink☆「Symphony」

 愛乙女★DOLLを中心とするArc Jewel軍団も、いまや10's女性アイドルの生き残り的存在と言えるのでしょうか。路線は変わらずかわいい系。

54位 ナオト・インティライミ「Start To Rain」
 
 バラードとも、以前から存在する盛り上げ系のアップチューンとも違う、聴かせるミディアムテンポ。リズムの使い方がすごく心地良いです。久保田利伸が歌いそうな曲でもありますね。

82位 吉岡聖恵「少年」

 ソロで初のカバーアルバム、直後にいきものがかりの活動再開発表。ちなみにこの曲はゆずのカバー。

89位 阿部真央「変わりたい唄」

 デビューした当時を思い出させるような、ギター演奏が強めのロックチューン。彼女の作品で、小難しくなく単純にカッコ良いと思えるナンバーは久しぶりに聴いたような気がします。まさしく待望の楽曲と言って良いのではないでしょうか。



posted by Kersee at 17:45| Comment(0) | Billboard JAPAN発新曲レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。